アイディアは次々浮かんできても、
大切で難しいのは、行動に移すスピード。

頭で考えたり、
言葉にするのは、簡単で早い。

「やってみよう」とか
「やってみたい」で終わって、
行動しない人が多い現状は、
チャンスでもあり、難点でもある。

 

1つアイディアが浮かんで、
それを実行したり、
詳細を考えている最中に、
次のアイディアが生まれる繰り返し。

アイディアと行動のスピードの差が
引き起こしている現象で、
時間がないことが原因じゃない。

時間がいくらあっても、
スピードの差がある限り、
この問題は解決しない。

 

人手が多くても、解決できるとも限らない。

統率や意思疎通の問題も出てくるし、
人が増えても分母が増えるだけ。

行動スピードは高まるけど、
アイディアも沢山出てくるし。

ただ行動するだけの人を増やしても、
中身が薄くなる可能性が高い。

そして結局、何も進まない結果に陥る。

 

この問題の解決策は、
行動のスピード高めるか、
アイディアの検証を細かくするか。

行動のスピードが早まれば、
アイディアのスピードに追い付く。

アイディアを細かく考えていけば、
アイディアのスピードが遅くなる。

結局ボツになるアイディアもあるし、
無駄になる行動もあるから、
アイディアと行動のバランスは、
意外と重要かもしれない。

 

青春

結局、正しい答えは?

自分なりに考えてみたんだけど、
難しい答えとしては、
全てのスピードを高めること。

多分その為には、それなりの人数が必要。

オンラインサロンみたいに、
コミュニティを形成できていれば、
実行してくれる人もいるし、
それぞれの得意分野を持った人達が、
行動して結果を出してくれる。

 

簡単な答えとしては、
行動スピードを高める方法を、
考えて実行すること。

ハードルを下げたり、
簡単な方法を見つけて、
初速を高めることができれば、
行動のスピードは高まるはず。

まぁ、それもアイディアの内だけど。

行動する為のアイディアを考えれば、
考えることが増えて、
行動のスピードとの差が縮まるかも。

考えれば考える程、奥深くて難しい。

とにかく今は、ただひたすら、
がむしゃらにやってみる!

青春