何をするにしても、
ガチでとことんやり抜くよりも、
ほどほどの方が楽しい場合が多い。

フットサルの全国大会の動画を観て、
そう思った。

確かに、皆うまいし凄いんだけど、
全然楽しそうに見えないんだよね。

喜んだり笑ったりしてる時より、
怒ったり不満そうにしてる時の方が、
断然多いように見える。

俺達素人が普段
遊びでやってるフットサルの方が、
断然楽しそうだと思った。

 

こうして記事を書くのも、
好きなことを書いているから、
まだ続けられてるけど。

仕事として強制されたり、
内容を限定させられたら、
凄く苦痛なのかもしれない。

 

青春

 

本気で多くの時間を費やした方が、
実力は高まっていくんだろうけど。

自由に楽しむことは、
とても大切で、尊いこと。

毎日を生きていく中、
色んなことが制限され、縛られている。

だからこそ、ほどほどの楽しさは、
とても大きな価値を持つ。

自分がしたい分だけ、自分の意志で頑張る。

それで十分なんだ。

将来役に立つかどうかとか、
損得も関係ない。

今自分がしたいと思うこと、
心が好きって思ってることを、
ただ楽しむ時間を作っていこう。

したくないのにしなきゃいけないことを、
沢山してるんだからさ。

そんくらいいいだろ!

 

もし飽きたり好きじゃなくなった時は、
やめちゃえばいい。

それも自由さ。
だって楽しくないんだから、
しょうがないじゃん。

今まで続けてきたからとか、
周りにこう思われちゃうとか、
そんなの全然気にしなくていい。

また新しい楽しいことを探した方が、
ずっと人生を楽しく生きていける。

その方がいいでしょ?

その繰り返しが、
大人になっても青春し続けるってこと。

青春しようぜ☆