お金は天下の周りもの。

お金で手に入る自由は、
数えきれない程沢山ある。

お金さえあれば、
裕福で幸せな生活が送れる。

多くの人達が求め、欲しがるもの。

それがお金。

という認識の人が多い。

 

でも、お金に縛られてる人は、
とても可哀相な人。

お金を得る為に、
もっと大切な何かを犠牲にしてる。

 

本当に大切なものはお金では買えない。

子供の頃、そう教わった。

でも思春期時代には、お金持ちに憧れて、
お金を沢山稼ぐことが正義だと思った。

お金があればカッコイイ車に乗れて、
エステに行ってキレイになって、
カッコイイファッションも着れる。

好きな物を食べれて、好きな場所に行ける。

結果、異性にもモテるし、
友達も沢山できると思ってた。

「それって最高だな」って思ってたよ。

「お金なんていらない」って言う人は、
貧乏人の諦め言葉だと思ってた。

 

でも、大人になって気づいたことは、
子供の頃に言われた通り、
本当に大切なものは、
お金では手に入らないということ。

何をするにしても、
お金が必要なことが多い。

それでも、
本当に大切なものをイメージした時に、
思い浮かんでくる沢山の大切なものは、
お金では買えないものだらけだった。

 

お金も時間も、資源に過ぎない。

それ自体では、それ程価値はない。

お金は、物質的には紙だし、
時間は誰にでも平等に与えられている。

大切なのは、どう使うか、何に使うか。

それによって、人生は大きく変わる。

 

1番気をつけなきゃいけないのは、
お金を大切にし過ぎて、
本当に大切なものの価値を、
見失ってしまうこと。

ニュースで見るような、
お金の為に犯罪に手を染める人は、
その典型例と言える。

お金を得る為に何かをする人、
お金の為に、何もしない人。

両方、とてももったいない。

お金に踊らされているし、
お金に縛られている。

まるで、手錠をかけられた囚人のように。

 

続く。