子供の頃は、皆本当に楽しそうに笑う。

笑顔はとても可愛くて、
周りの人も元気にしたり、笑顔にする。

でも大人になるにつれて、
うまく笑えない人が増えていく。

顔は笑ってるのに、声が出てなかったり、
そもそも笑顔を作ることすらできなくて、
作り笑顔や引きつった笑顔の人もいる。

なぜ、こんな風になってしまうんだろう。

 

答えは、自分の本当の気持ちを偽って
表情と気持ちが矛盾している時間を、
長く過ごしているから。

素直に生きていない人ほど、
うまく笑えてない気がする。

たまに、とても悲しそうに笑う人もいる。

うまく笑えない人は、
感情が少ないのかなって思う。

感情が薄いとか、感性が低いのは、
心を閉ざしてるからかも。

 

いつも笑顔でいるのは難しいけど、
できるだけ笑顔でいられるような
毎日を過ごしていきたいよね。

冷めた感情や対応は、
多分、誰も望まないと思う。

元気で無邪気に笑える毎日は、
とても青春らしいし、
本人も周りも幸せな証拠。

自分だけが楽しかったり、嬉しいだけじゃ、
そこまで笑えないと思うから。

 

あなたを笑顔にしてくれるものは、
何ですか?

美味しい食べ物、楽しい遊び、
面白い番組、好きな人と一緒にいること。

色んなものが、思い浮かぶよね。

もっと想像してみて。もっともっと!

その思い浮かんだこと全部、やっていこう。

多分、青春するってことは、そういうこと。

心がときめいたり、ワクワクしたり、
そういう感情を、忘れないようにしよう。

子供の頃みたいに、
何もかもが笑えるわけじゃないけど。

今でも、今だからこそ、
あなたを笑顔にしてくれる何かが
どこかにあるはず。

それを探そう。自由に!

 

ちなみに、俺にとっての笑顔の源は、
フットサル、起業準備、酔っぱらう、
可愛い女の子と遊ぶ、
美味しい物を食べる、とかかな?

ありきたりだけど、それでいいと思ってる。

何が笑顔の源で、青春かは、
自分自身が決めることだから!