成功したり、長く活躍することを、
理想とする人も多いけど。

SuGのように、無謀な夢を追い続けて、
ど派手に散っていくことこそが、
本当の青春だと思う。

安心や安定ばかりを重視して、
リスクを避けて、多数派に紛れて、
自分の人生を生きていない人達が、
そこら中に溢れている時代だからこそ、
熱い青春は、神々しいほどの輝きを放つ。

青春の象徴とも言える桜も、
散りゆく美しさが風情を感じさせる。

終わるのは、怖いし寂しいし、
悔しさとか不安もあるけど。

だからこその覚悟とか、
終わりを背負わない限り、
できないこともあると知った。

 

青春

SuGの武道館ライブは、
音楽を超越したステージだった。

今までのSuGでさえ、
できていなかったことを成し遂げた。

あんなに感動的なライブは、
他のアーティストにはできないと思った。

ずっと忘れないよ。

本当にありがとう。

 

それでも、過去には戻れないし、
記憶は少しずつ薄れていくから。

今抱いている気持ちも、
味わった感動も、受け取った想いも、
少しずつなくなるかもしれない。

だからこそ、新しい青春を、
次々と生み出していったり、
探し続けて、見つけていきたい。

SUGのように、音楽じゃなくても、
自分なりに青春を生み出すことはできる。

誰にだって、絶対に可能性はある。

できる人とできない人の違いは、
小さくとも一歩を踏み出せるか、
何も動かないままでいるか。

諦めてしまうか、
諦めずに続けていけるか。

その差が、人生を大きく分ける。

 

SuGが遺してくれたものは、
数えきれない程、沢山ある。

彼らの音楽は消えない。

ずっと聴き続ける。

今は、SuG以外の音楽を
聴く気にはなれない。

そして、俺はポジティブだから、
いつの日かSuGが活動再開するって、
信じてるし、望んでる。

青春Worldsとしての活動が、
SuG復活のキッカケになる可能性も、
ゼロじゃない。

誰かの夢は、
誰かの夢と交差する場合がある。

だから俺は、SuGの遺志を引き継ぐ。

世界を、青春で染め上げて見せるぜ!

 

終わり。