SuG

大好きなバンド、
SuGのラストライブに行ってきた。

結成10年目で、初の武道館ライブ。

ようやく念願叶って、
ここまで昇りつめたかと思った矢先の、
無期限活動休止宣言。

結成5年目の時も活動休止をしていて、
その時は1年後に活動再開した。

でも今回は、事実上の解散。

活動休止なんだから、
また活動再開するって思ってたけど、
ライブでバンドメンバー達も
「この5人でステージに立つことは、
もう二度とない」って言ってたから。

ラストライブのコンセプトは、
HEAVY Positive Rock
無理矢理前向きって意味らしい。

活休は悲しくて寂しくて悔しいけど、
無理矢理前向きになる為に、
この武道館ライブに臨んだSuGの
決意だと思う。

武道館は7千人もの観客で埋め尽くされた。

どの曲も最高に良い曲で、
観客も大盛り上がり!

これぞSuGって感じだった!

本当に、最高のバンドだよ。

特に夢を追うような青春系の歌は、
込み上げてくるものがあって、
泣きながら一緒に唄ったよ!(笑)

今までの人生で1番感動したのは、
ウォーターボーイズ2だった。

でも今回のライブは、
ドラマみたいな作り物ではなく、
リアルなノンフィクション青春。

リアルでは今までの人生の中で、
1番感動したし、
1番の青春を目の前にした。

メンバーそれぞれのメッセージも、
凄く真剣で、青春って感じがした。

涙ながらに話す言葉は、心に突き刺さった。
活休の理由は前回同様、公表されなかった。
でもヒントは沢山あった。

大きな賭けに出て負けた。
ファンには関係ない理由。
音楽が無料で聴ける時代。
SuGが1番綺麗でいられる今。
散るからこそ見せられるものがある。

それらのヒントから導き出される
SuG活休の原因とは。

続く。