親友である貴ちゃんの自殺を知って、
4日が経った。

貴ちゃんは、もうこの世にいない。

その事実を受け止めながら、
その理由や原因を推測したり、
解決策や反省点を洗い出している。

自殺や鬱に関する情報を集めたり、
色んな知識も学んだ。

 

鬱や自殺の対策としては、
まず、落ち込んでる本人が、
自分の気持ちを発すること。

そして、周りの人達は、
その人を支えたり、救う為に、
手を差し伸べること。

これができれば、鬱も自殺も、
減っていくと思う。

答えは、誰でも知っているような、
シンプルで当たり前のことだった。

 

難しいのは、絶望に陥ってる人に、
どうやって気持ちを発信させるか。

そして、周りの人達が、
どれだけ気づいてあげられるか。

気づきさえすれば、周りの人達は、
助けてくれることが多いと思う。

実際に、そういう環境は用意されている。

 

自殺する人のほぼ全員は、
精神疾患や脳機能障害を患っている。

簡単に言うと、鬱状態。

更にその原因を辿っていくと、
貧困や借金、孤独や離別などの、
辛く苦しい絶望に行き着く。

ほとんどの人達は、
そこから抜け出せたり、
助けてもらったりして、
それなりのダメージで済む。

でも中には、そのまま堕ち続けて、
死を決意してしまう人がいる。

 

こんな大きな社会問題の解決策なんて、
俺1人が考えただけじゃ、
思いつくことはできないし、
実行できるはずもない。

でも、こんな「他人事」な感覚が、
解決策を見えなくさせて、
解決できない状況が続いてるのかも。

実際に貴ちゃんが自殺するまでは、
自殺者が多いと分かっていながら、
特に何もしなかったわけだし。

「何かできるはず」「何かしなきゃ」って、
まずは思うことが大切だと思う。

じゃなきゃ、何も始まらないし、
何も変わらないから。

 

何かしよう。鬱や自殺をなくす為に。

それが青春屋だろ!!