「35歳転職限界説」とは、
35歳を越えると転職が困難という
世の中の定説。

現実的には、35歳以上でも、
普通に転職できてるけどね。

でも実際に、30代半ばにもなると、
多くの人が転職を諦めがち。

この歳で転職したところで、
どうせ良い会社には雇ってもらえない。

なら今のまま我慢して働き続けよう。

そう思ってる人は、少なくないはず。

30代半ばを越えた人は、
こういうネガティブと諦めによる
負の思考回路に悩まされる。

でもそれは実際に、
間違ってなかったりする。

だって良い会社は、
そもそも人が辞めにくい。

良い会社は、利益が取れてる会社で、
採用も新卒限定だったり、
価値ある資格や経験を持つ人を採用する。

一生働きたいと思えるような会社は、
もうポジションが空いてない場合が多い。

 

転職じゃなくて起業するのも、
選択肢の1つだけど。

大多数の人は、
会社員として働いた方が良い。

起業して生活費を稼ぐことは、
とても難しいことだし、
会社員として働くよりも、
遥かにリスクが高いから。

よっぽどの実力や覚悟、
情熱がなければできないこと。

 

じゃあどうすればいいのか。

もう手遅れだと思ってる人!

逆に、どうすんの?(笑)

言っとくけど、
諦めだらけの人生なんて、
超つまんないよ。

青春とは真逆の人生だからね。

 

転職ネガティブループから抜け出す為には、
色んな方法がある。

今の会社で状況を変える。

転職活動して良い会社を見つける。

副業を始める。

スキルを高める。

起業する。

プータローになる。

生活保護受給者になる。

 

うん、どれも困難な道だね(笑)。

働くってことは、大変なこと。

でも働かなきゃいけない。

もう手遅れの人もいるかもしれない。

嫌々働きながら、
ワーキングプアのままかもしれない。

正社員で働いていれば安泰なんて時代は、
とっくの昔に終わりを告げた。

ただ1つ言えることは、
現代は会社に従属する時代ではなく、
個の時代になったということ。

 

続く。