ただの起業と独立起業は、
似てるけど全然違う。

今の法律上、ただ起業するだけなら、
自分1人いればいいし、
資本金も1円あればいい(笑)。

株式会社だと、法的な手続きが必要だから、
最初に二十数万円かかるけど、
個人事業主なら、手続きなしで起業できる。

 

そんなわけで、起業するのは、とても簡単。

では、起業と独立起業の違いは何か。

答えを簡単に言うと、必要な収入額と、
費やす時間の量の2点。

ただの起業なら、
掛け持ちで他の仕事をして、
生活費を稼げばいい。

自分の事業の収入が3万円でも、
掛け持ちの仕事で15万円稼いで、
合計の月収が18万円、みたいに。

でも、掛け持ちで他の仕事をする分、
自分の事業に費やす時間も減る。

メリットとしては、
起業のハードルが低いこと。

そんなに稼がなくてもいいし、
そんなに時間も使わなくていいから。

全体的にリスクも少めだからこそ、
小さく始められる。

 

一方、独立起業となると、
自分の事業だけで収入を得なきゃいけない。

18万円稼ぎたかったら、
自分の事業だけで
18万円稼がなきゃいけない。

でも他の仕事をしなくていい分、
自分の事業に沢山の時間を費やせる。

リスクは高いけど、その分真剣になれる。

 

こんな風に、起業と独立起業は、
似てるけど正反対の性質も持っている。

どっちが良いかは、事業内容や気持ち、
ライフスタイル等が異なるから、
人それぞれ違うと思う。

独立起業するしかない仕事もあるし。

もちろん、まずは遊びとか、
趣味レベルで始めてもいい。

最初は好きなことを
好きなようにやってみて、
仕事にするかしないかは、
その後に考えても遅くないし。

起業したいと思ってる人は、
どんな方法が自分にとって一番良いか、
よく考えてみてね。

同じ起業という夢を追う者として、
俺も応援してるよ。