実際に俺が選ぶ資金調達の方法は、
普通に働くでもなければ、
ポルカやクラウドファンディングでもない。

起業する場合に選べる、
助成金と融資という、2つの方法。

 

助成金と融資には、色んな種類があり、
スタートアップ限定のものもある。

 

青春

 

助成金は、一定の条件を満たせば、
国や市から貰える資金。

助成金は返済しなくていいから、
是非狙いたいとこだけど、
不正防止の為、審査や報告が厳しい。

 

融資は、銀行からの借り入れ。
簡単に言うと、借金みたいなもの。

融資は低金利だけど、返済義務がある。

その分、助成金に比べて、
審査や報告が優しく、通りやすい。

 

なので、助成金の申請をして、
足りないか貰えなかったら、
融資でも資金調達をする。

この流れが良いと思う。
もちろん、両方同時でもいい。

 

助成金も融資も、金額と難易度は比例する。

つまり、金額が高い程、申請が受理されにくい。

融資の場合は、返済の可能性や、
信用によって、金利も変わる。

 

そして何より、資金の使い道が重要。

そこで必要になるのが、事業計画書
(※経営計画書とも呼ばれる)

 

青春

 

事業計画書は、簡単に言うと、
どんな目的で、どの期間に、
どんな事業を行うかを、文章にしたもの。

事業計画書の内容により、
助成金や融資を貰えるかどうか、
いくらまで貰えるかが決まる。

 

もちろん、事業計画書だけでなく、
面談での受け答えも大事だから、
事業計画書を作成して終わりじゃない。

計画は、作るより実行の方が難しい。

むしろ資金調達ができなくて、
事業を進められなかったからこそ、
悲劇を回避できることもある。

あまりに計画と外れすぎると、
分割返済だった融資の返済を、
一括返済にされる場合もある。

資金調達のカギを握る事業計画書は、
起業家の運命を左右する。

 

慎重かつ大胆に。

現実的かつ希望も添える。

我が青春Worldsとしても、
そんな事業計画書を作成中!

 

勝負の時は近い。

資金調達ができなかったら、
今すぐには起業できなくなる。

頑張ります!