自分の周りや世間を見てみると、
休みの日は必ず恋人と会って、
趣味や友達と遊んだりすることに、
時間を使わない人がいる。

恋人はいた方が良いって認識で、
いないと寂しいとか、
いなきゃダメな人さえいる。

それでお互い依存し合って、
離れられないから何年も付き合って、
結婚するカップルもいる。

それって正しいのかなって思う。

 

そりゃ何年も一緒にいれば、
依存度は高まるし、
一緒にいるのが当たり前になる。

飽きてきたり慣れてきて、
愛情が薄れていても、
そのライフスタイルが確立されていて、
わざわざ変えるのもめんどくさいとか、
もうこんな歳だしとか、
何年付き合ったからとか、
別れない色んな理由を並べる。

だからそのまま結婚するのは、
ごく自然な流れだとは思うけど。

何だか夢がないよね。

 

理想論かもしれないけど、
一生に一度の結婚をするなら、
絶対にこの人と一生一緒にいたいとか、
自分にとってこれ以上の人はいないとか、
そういう強くて熱い想いがあった上で、
結婚を決めていけたら素晴らしいと思う。

人の気持ちなんて、時間の経過と共に、
変わっていくかもしれないけど。

一緒にいる時間が増えれば増える程、
信頼や絆、思い出が増えていって、
もっともっと大切な存在になれたら、
凄く幸せな家庭を築けて、
幸せな人生を送れると思う。

 

現代は、結婚した夫婦の内、
約3組に1組が離婚してしまう時代。

その理由や原因は、沢山あるけど、
逆に結婚をした方が良い理由や、
離婚しない方が良い理由は、
昔から変わってないように思える。

女性だって旦那に頼らずとも、
働いて生活費を得られるし。

独身でいると良いこととか、
楽しいことは増えているのに、
結婚してるからこその良いことは、
ずっと昔から何も増えていない気がする。

結果、結婚率は下がり、離婚率は上がる。

更にその先に待ち受けているのは、
孤独な老人の増加、高齢者の自殺、
止まらない少子高齢化の波。

それらを改善する方法は、
何かあるだろうか。

 

続く。