大人になって歳を取ると、
気力が衰えやすくなる。

エネルギーがなくなる感じ。

これは、自分が十代だった頃から
思っていたこと。

悲壮感というか、諦めてる感が
漂っている雰囲気。

それは見た目の若さを
失ってくせいもあるかもしれないけど。

笑顔が減ってく感じ。

何となく分かるかな。

 

実際に自分も34歳になって、
周りを見てみると確かに、
気力を失った大人が多い。

他人じゃなくて、実際の友達や
職場仲間を見てもそう思う。

 

歳を取ることは、
色んなことを失っていくこと?

それとも、気力が衰えるのは、
可能性が狭くなっていくから?

仕事ばかりして疲れているから?

楽しいことをしてないから?

未来を絶望視してるから?

 

気力が衰える原因は、
きっと人によって違うんだろうけど。

簡単に言うと、青春してないから。

実際に青春していれば、
元気になって、気力が湧いてくる。

自然と笑顔でいる時間が増えるし、
周りから見ても、輝いてる。

理想の未来を実現させようとすることは、
希望を持ち、感動を生み出すこと。

それは青春するということ。

だからこそ俺も、
皆に青春してもらう為に、
青春屋さんとして起業するという
夢を叶えようとしている。

 

でも逆に言えば、気力が衰えているから
青春できてないのかも。

やる気が起きないとか、
心の情熱が燃えないとか。

そっちが先なのかな?

じゃあいつからそうなるんだろう。

きっと、何歳からってわけじゃなくて、
少しずつ衰えていったんだろうね。

それは見た目と同じようなもので、
気が付いたらそうなってたってオチ。

時間の流れは怖いね。

今を大事にして、
精いっぱい生きることでしか、
気力の衰えは防止できないのかも。

 

でも実際に俺は、若い時と比べて、
そんなに気力は衰えてないと思う。

いや、むしろ高ぶってるような(笑)。

その原因は、青春大好きってのもあるけど、
他の人よりも、自分の本当の気持ちを
大事にして生きてきたからだと思う。

好きなことをしていれば、
ストレスも溜まらないし。

楽しく元気でいられるじゃん。

何かを諦めずに追い求めてる姿勢も、
気力を保つ秘訣だと思う。

気力を衰えさせない為にするべきことは、
意外とシンプルで、難しいこと。

自分らしく生きることは、
とても難しいんだ。

でも諦めずに青春すれば、
きっと少しは理想の未来に近づける。

そう信じて、前に進もう!

気力を高めて青春するんだ!
大人でもな!