約70年前、
まだ戦争が終わるか終わらないかの時代。

今と比べると、当時の人達は、
とてつもなく貧しく、
不自由で質素な生活を送っていた。

でも、恵まれた現代よりも、
青春できていた人が多かった。

その時代を生きてはいないけど、
何となく、そう思った。

 

自分の両親すら生まれてない時代のことは、
情報収集したり、想像するしかないけど。

きっとこの時代は今よりも、
困難や逆境が沢山あった。

だからこそ、周りの人と協力し合ったり、
助け合い、支え合って生きていた。

一生懸命に、真剣に、
何かをしていたと思う。

だからこそ現代よりも、
青春っぽい感じがするのかもね。

 

 

この頃はこの頃で、
凄く大変なことが沢山あった。

昭和と平成の、
どちらか好きな時代に生きることを、
自由に選べたとしても、
ほとんどの人は迷うことなく
平成の時代を選ぶと思う。

でも昭和には、現代にはない
大切な何かがあったような気がする。

多くの人達が忘れてしまった、
大切な何か。

世界は、大切な何かを得る為に、
大切な何かを失ってきた。

でも今からでも、失った何かを、
取り戻すことはできるかもしれない。

 

現代も、時間が経つにつれ、
どんどん昔になっていく。

もうじき平成の世も終わり、
新しい時代がやってくる。

世界は、ITやデジタルの力により、
急速に変化し続けている。

人間が作り出した物が人間を超える。
そんなことが、
いつの間にか当たり前になっている。

人の欲望が、便利さと快適さを求める。

楽をすること、不快な思いをしないこと。

そんなことばかり追い求めている。

そして本当に大切な何かを、
置き去りにして失って生きている。

何の根拠もないけど、
直感的にそう思った。

そして、こんな時代だからこそ、
青春することが大事だと思った。

人の心や感情、気持ちといったものを、
一番大切に生きていくことは、
きっと、素晴らしい人生だと思うから。

失われた青春を、取り戻すぞ!