スマホ時代かつネット時代の現代。

情報が溢れているのはもちろん、
同時にいくつもの情報が入りながら、
情報を発信している人も多い。

例えば、テレビをつけながら、
スマホを操作するのはよくある光景。

更にスマホの操作自体も、
音楽を聴きながらネット閲覧して、
ラインが入ったら返信する。

その最中にも電話がかかってきたり、
誰かに話しかけられたりもする。

そんな情報ノイローゼ状態が、
当たり前になった時代。

 

何かを同時進行でこなすことは、
ある意味効率が良い。

でも1つ1つのことに集中できない。

本来は感動するドラマも、
何となく良い話程度に受け止めたり。

友達からの真剣な相談も、
それらしい言葉を並べて終わったり。

本当は凄く大切なことが、
適当で浅はかになってる場合もある。

 

時間を大切にしようとすると、
色んなことを同時にこなしたがる。

でも本当に大切なことは、
何に時間を使ったかよりも、
どれだけ濃い時間を過ごせたか。

テレビ番組も雑音程度に聞いてるだけで、
友達へのラインも適当になっているなら、
どちらもしない方が良い。

目や頭を休める時間に使ったり、
早く寝て睡眠時間を取ることで、
起きてる時間のクオリティを高める等、
有益な時間の使い方は、いくらでもある。

 

することばかりを重視しがちだけど、
しないことを選ぶことも、
同じくらい重視するべき。

情報も同じで、受信するしないの選択も、
受け入れるか拒否するかの選択も、
とても重要。

なくても良い情報も溢れているから。

道には広告や宣伝だらけで、
ネットもページを開く度に、
次々と広告が表示される。

youtube動画も、数えきれない程ある。

ブログやサイトも無数にあって、
SNSで繋がる人数も、
その気になればいくらでも増やせる。

人によっては、現実世界よりも、
バーチャルやデジタルの世界の方が、
浸っている時間が長かったりもする。

それが間違ってるとは言わないけど。

本当にそれでいいの?とは思う。

 

続く。