いつもと同じように流れる日々は、
まるで何の意味もない。

そんな気がする時もあって。

仕事は嫌なことで、生活の為に仕方なく、
向上心もなくこなすもの。

だから休日でも、
月曜日からの仕事が憂鬱だったり、
色んなことを気にかけてしまい、
心の平穏を感じにくい。

日本人は特に、自己犠牲をしてまで
仕事をしようとする人が多い。

日本人は真面目で勤勉で忍耐強い。

海外からは、そんな印象も根づいている。

友達が住んでるオーストラリアでは、
勤務時間に対する意識がハッキリしている。

例えば17時までの勤務時間だった場合、
店のレジを打ってる最中に帰宅したり、
スコップで穴を掘ってる最中に
スコップを手放すらしい(笑)。

日本人の俺達からしたら、
完全に笑い話だけど。

自分の時間をとても大切にしている点では、
見習うべきなのかもしれない。

 

仕事を続けていてて、
つまらなくて辞めたいと思っていても、
時には楽しい時間があったり、
小さな達成感を味わったりもする。

給料日やボーナス支給のように、
収入が発生した場合は、
特に満足感が高まる。

いつものように働くことは、ある意味、
安心と安定が約束されていて、
リスクがない時間を過ごすこと自体が、
生きる目的になってしまいがち。

それが悪いとは言わない。

ごくごく普通に暮らしていきたい人や、
平和で平穏な日々を好むことは、
大多数の人にとっては正解だから。

 

でも同じような日々を送ることは、
けして楽しくないとは思う。

同じような平日と週末を過ごし続けて、
満足し続けられるのは、
思考停止状態だと思う。

きっと本当は誰にだって、
辿り着きたい理想の場所がある。

でも自分には無理とか、
そこまでの労力を使いたくないとか、
頑張らない言い訳を探して集めて、
動かないままでいるだけなのかも。

 

30代半ばになって、
周りの人達を見渡してみると、
人生を諦めた人が、どんなに多いことか。

未来に希望を持ってない人しかいない。

多くの人達は、
そんな人達に囲まれている。

他人と同じでいたがる日本人は、
周りに同調していきがちで。

気が付けばいつの間にか自分も、
希望を持たない状態に陥る。

そんなライフスタイル、アホくさい。