社会人とは、ある意味とても残酷で、
特にこの日本という国は、
そういう意味では、
生きにくいのかもしれない。

日本は世界第二位の経済大国でありながら、
2016年度の国民幸福度は世界53位。
2015年から、順位が7位も下がった。

年間約3万人もの自殺者と、
110万人以上のう鬱病患者がいる現状。

 

鬱

 

これらの現状から導き出される答えは、
幸せは経済力に比例しないこと。

そして、仕事上の関係や他人に対して、
人の心を無視する傾向があること。

これらの問題を抱えていることが分かる。

 

人の心を傷つけることは簡単で、
人の心を癒すことは難しい。

鬱が進行して仕事ができなくなって、
更に鬱が進行する悪循環もある。

傷つけられた人は、
他人を傷つけやすくなる。

余裕がなくなって、
他人に優しくなれなかったり、
思いやりを与えられなかったりする。

その連鎖は、世界に閉塞感をもたらす。

そしていつか、何かしらの形で、
自分に返ってくる。

 

社会という世界は、
沢山の人達で成り立っている。

その1人1人が、
自分勝手に行動したり発言していたら、
悪いことの繰り返しになってしまう。

 

多くの人達は、とても短気で、
小さなことにこだわり過ぎてる。

同じことを伝えるにしても、
伝える言葉を慎重に選ぶべき。

相手を傷つけても、誰も得をしない。

俺のおじいちゃんが、こう教えてくれた。

「自分の発言は、岩に刻まれると思え」

それくらい、自分の発言には、
責任を持つべきだと思う。

 

そして、傷つけられた人は、
自分なりの対策を考えて実行しよう。

面と向かって相手に伝えるのもいい。

大切なのは、我慢し過ぎないこと。

日本人は忍耐を美徳とする傾向があるけど、
いついかなる時でも正しいとは限らない。

ちゃんと自己防衛をしよう。

場合によっては、逃げ出したっていい。

休みたい時は休んだっていい。

そんな風に、自分を大切にしてあげてね。

 

希望を忘れずに抱いていこう。

その先に、青春が待っているから。