昨日、ある人と出会った。

その人は22歳の大学新卒で、
今年の4月から社会人になった人。

平日休みの仕事で、地元を離れて、
見知らぬ土地の浜松で
一人暮らしを始めた。

平日休みだし、近くに友達もいないので、
休日は家事をしたり、のんびりするだけ。

でも凄く良い人間性で、若いし、
見た目も可愛い女の子。

出会いさえあれば絶対にモテるのに、
出会いの機会がないから、
彼氏ができる気配がないらしい。

その話を聞いて、
凄くもったいないなって思った。

彼女自身にとっても、
世の中の男性にとっても。

でもこんな風に埋もれてしまっている人は、
実は沢山いると思った。

 

街コンや婚活パーティーは、
基本的に週末開催。

よって、週末休みの人の参加率が高い。

そして、出会い系のイベントには、
そもそも参加したくない人も多い。

そこで出会った人と恋愛したくないとか、
若いから、まだそこまで焦ってないとか、
参加したくない理由は様々。

平日休みの人は、
参加できるイベントが少なく、
週末は完全に仕事の人もいる。

結果、青春したくてもできない人が多い。

さて、この問題はどう解決しようか。

 

この問題で希望が持てるのは、
同じように平日休みの人で、
出会いを求めてる人は多いということ。

つまり、ニーズは確実にある。

今回出会った女性のように、
埋もれてるもったいない人は沢山いる。

それらの人達を
繋ぎ合わせることができれば、
皆が楽しく、幸せになり、
青春できるようになる。

恋愛したり友達になる人が増えれば、
それだけで色んな可能性が拡がる。

1人ではできないことでも、
誰かと一緒ならできることが沢山あるから。

そうすれば、世界は良い方向へ変わる。

 

ということで、
平日休みの人を孤独から解放する為には、
やはりイベントを開催するのが良いと思う。

週末に行うイベントよりも集客が難しいし、
その分収益も少なくなるけど。

現在あまりない何かを生み出すことは、
変化率は高いはず。

青春したいけどできてない人に
青春してもらう為には、
人と人を繋ぐ必要がある。

でも出会い系ではダメ。
もっとハードルが低く、
印象も良いイベントが良い。

もういっそのこと、
平日特化型イベントをメインにしていくのも
戦略アイディアの1つかもしれない。

他の企業がやってないことをすれば、
競争も穏やかだろうし。

また考えること増えた!

でも、楽しみ!