田舎には田舎ならではの行事もある。

お茶摘みや稲刈り、
その地域独特の祭りとかね。

夏なら、バーベキューとか、
キャンプ地としての需要がある。

そんな感じで一時的に、
人を集めることは可能だけど、
住むとなると難しい。

家賃が安いとか、静かだとか、
利点があまりに少ないから。

逆に、移動時間がかかるからとか、
周りにお店がないとか、
不便極まりないことは多い。

お年寄りの場合は特に、
何かあった時に、病院が遠いし。

考えるまでもなく、田舎に住むことは、
メリットが少なく、デメリットが多い。

 

子供がいる家族は、通う学校がないから、
この田舎には住めない。

ひとり暮らしをしたい人も、
アパートがないから住めない。

結局この田舎に住めるのは、
元々住んでたお年寄りだけ。

でも、そんなお年寄り達も、
いつかは亡くなる。

その時この地は、誰もいなくなるのか。

完全なゴーストタウンになるのか。

 

可能性としては、子供が社会人になって、
自由度が増した親世代が、
家を継ぐ為に戻ってくるかも。

例えば、定年退職後とかにね。

それでも、ほとんどの人は、
戻って来ないと思うけど。

そう遠くない未来でこの地は、
忘れ去られた地として、
ただ朽ち果てていく運命なのかな。

 

この問題を、どうにかしようって
思ってる人は、どれだけいるだろう。

それとも、大して問題にしてないのか。

人口が都市部に集中すれば、
生活に困る人は少ないけど。

自分さえ良ければいいって雰囲気が、
何となく気にいらない。

利便性を追求した結果、
見向きもされない人達や、
場所があることを、忘れないで。

 

子供のいない田舎は、
ゴーストタウン化していく。

それはもう、今更どうしようもない。

現状を覆すのは、非常に難しい。

でも切り捨てることはできない。

でも、可能性と希望はある。

子供のいない田舎だからこその、
有効活用方法はある。

 

続く。