好きなことをしていないと、
ロクなことがない。

それは、何だか考えなしのような、
根拠も理屈もないような言葉。

でも、最近は特にそう思うようになった。

好きなことやしたいことをしてると、
それに没頭できるし、
心も体も感情も、人生も凄く喜ぶし、
嬉しくて幸せな気持ちになれる。

 

怠惰な「ありのまま」や、
「頑張らないでいい」精神や、
人を見下して優越感に浸ったり、
欲望とか快楽を求めたりとか、
そんなちんけな意味じゃない。

皆が皆、好きなことをしていたら、
世の中が機能しなくなるって、
思う人も多いかもしれないけど。

好きなことをすることは、
好きなことだけするわけじゃない。

プライベートで好きなことをして、
仕事は生活の為に頑張ることも、
本人が良ければ正解だと思うし。

好きなことを突き詰めて行くと、
嫌いなことやしたくないことも、
やらなきゃいけない時もある。

だけど、好きなことをしていれば、
頑張れるし乗り越えられるし、
良い人間関係も築ける。

成長もしていけるし、
今までできなかったことも、
できるようになっていく。

それって、凄く楽しいと思うよ。

 

料理を作りたい人は、料理人になればいい。

歌を歌いたい人は、歌手になればいい。

絵を描きたい人は、画家になればいい。

人を笑わせたい人は、芸人になればいい。

 

こんなこと言うと、
「現実はそんなに甘くない」って
思う人も沢山いるだろう。

全ての人の夢が叶うとは思わないし、
全ての人が幸せになれるとも思わない。

現実は厳しくて、打ちのめされて、
傷ついて、苦しんで悲しんで、
「やめときゃ良かった」って
後悔するハメになる場合もある。

 

分かってる。そんなことは。

でも、好きなことをしないで生きる毎日は、
「どこが幸せなんだろう?」って思うよ。

好きなことをして生きたことがないのに、
好きなことをして生きてはいけないと、
決めつけてる人は、
なぜ答えを知ったふりをするんだろう。

ただ勇気と自信がなくて、
しない言い訳を探して並べてるだけで、
好きなことをしない自分を、
正当化してるだけじゃん。

 

続く。