好きなことで稼ぐことは、
とても難しくて、
誰にでもできることじゃない。

世間一般の常識では、そう思われてる。

でも、俺はそうは思わない。

もちろん、内容や人によって、
向き不向きもあるし、
収益を得やすい得にくいもある。

でも多分、漠然とした意見だけど、
普通に生きていく程度の収益なら、
誰でも稼げる時代になったと思う。

 

今は、個人の時代と言われている。

一昔前なら、大金を払ったり、
会社にいないとできなかったことでも、
今では個人でできることが増えた。

自分のしていること、作ったものが、
多くの人に無料で広められる。

テレビ番組のような動画も、
簡単に作って公開し、共有できる。

ネットとスマホの普及は、
あらゆる壁や制限をぶち壊した。

時代は、俺達にこう言ってる。

「もっと好きなことをして生きろ」と。

 

十代・学生に比べて、
大人が青春しにくい最大の理由は、
自由な時間が少ないから。

なぜ自由な時間が少ないかというと、
仕事に費やす時間が長いから。

かといって仕事の時間を減らすと、
フリーターとして働くことになり、
収入が減ってしまうデメリットがある。

今は正社員でも、低収入の人が多いけど。

 

自由な時間は好きなことができて、
仕事の時間は嫌なことをする。

そんな前時代的な常識は、
自らの意志で打ち破ることができる。

自分らしく生きる為の答えは簡単。

好きなことでお金を稼げばいい。

そうすれば、自由な時間と仕事の時間、
つまり、プライベートと仕事の境界線を、
なくすことができる。

結果、実質上の自由な時間が増えて、
大人でも青春しやすい状況になる。

場合によっては、十代・学生よりもね。

それって、何だかワクワクしない?

俺はワクワクするよ!
だから青春屋として起業する道を
選んだんだから!

 

続く。