3年も起業準備をしていると、
起業について考えたり学ぶ機会が、
一般の人よりも相当多い。

情熱や能力、流行りや時代、
仲間や人間性、勇気と覚悟。

起業する為に必要なものは、沢山ある。

その中でも、一番必要なものは、
間違いなく『収益』。

収益を得られるかどうかで、
プロかアマチュアか、 趣味か仕事かの、
大きな分かれ道になる。

お金を払って頂ける程の価値を、
世の中や人に与えることができれば、
自然に収益が発生する。

そのレベルまで到達できるか、
そこまでの努力と継続ができるか、
毎日の積み重ねが、未来を左右する。

 

 

好きなことでも、嫌いなことでも、
仕事にする為には、収益が必要になる。

収益がなければ事業を継続できないから。

お金を稼ぐことは、汚いことじゃない。

お金を稼ぐこと自体を目的にしていたら、
がめついとか思われるけど。

ちゃんと価値を提供できているなら、
お金を受け取ることは、
社会の仕組みとして当然のこと。

 

でも逆に、収益にこだわり過ぎて、
好きなことができなくなる場合もある。

お金がないと生活できないし、
仕事としても成り立たない。

でも趣味として行うなら、
収益なんて必要ないし、
自由に好きなことができる。

自由に好きなことをして、
収益を得られるのが一番良いけど、
難易度が全然違う。

収益があるからこそ、
好きなことをできる場合もあるし。

というわけで、やっぱりどう考えても、
起業する為に一番必要なのは収益。

現実的に考えて、間違いないと思う。

 

ということは、好きなことをして、
収益を生み出すシステムを作れれば、
好きなことややりたいことを
できる人が増えるということ。

好きなことをして収益が生まれれば、
好きなことにもっと時間を費やせる。

そうすれば、クオリティも高まる。

そして更に収益が高まるという好循環。

最高の青春じゃん、それ。

どう?やってみない?

 

続く。