好きな音楽を聴きながら、
好きなお菓子を食べながら、
好きな場所で、好きな服装で、
好きな環境で、好きな人達と一緒に、
好きなことをする。

それは凄くわがままかもしれないし、
多くの人達にとっては、
現実的じゃないことかもしれないけど。

ほぼ100%全員にとっての理想だと思う。

プライベートでも仕事でも、
そんな時間を過ごせたら、
絶対楽しいし、幸せなんだろうな。

 

でもその理想を追い求めて、
考えたり行動してる人は少ない。

職業を選ぶ時には、
年間休日日数や給料を重視した上で、
なるべく嫌じゃない業務内容を選んだり、
社内環境を予測して入社を希望する。

これは、凄く矛盾してると思う。

なぜ、あえて理想に向かわないのか、
凄く疑問に思う。

あえて理想に向かわない理由は、
大きく2つあるんじゃないかな。

 

1.多数派に合わせる

特に日本人は、多数派が正しく、
少数派は間違ってるという固定概念が強い。

子供の頃から、そう教育されてきたから。

好きなことをして成功してる人が、
周りにいない人も多いから。

 

2.自分に自信がない

好きなことで成功していたり、
お金持ちになった人を見ると、
「自分とは違う」
「あの人は特別」と思い、
自分とは一線を引いて諦める。

成功までのプロセスや、
本人の努力や挫折を知る前に、
勝手に決めつけてしまう。

諦めた方が色々と楽だから。

 

だから俺は、
何も考えず、行動もしないのに諦めて、
言い訳してる人がいたら、
いつも「やってみた?」って言ったり、
心で思ったりしてる。

だって、できるかできないかは、
やってみないと分からないから。

人は学び、成長できるから、
今はできないことでも、
できるようになる事が多いから。

 

自分なりの理想を思い描いて、
全部、やって確かめてみて。

青春が始まるよ。