社会人になると、
多くの時間を仕事に費やす。

だから仕事は、その人の生き様になる。

でも完璧な会社はないし、
今時はブラック企業が多い。

会社の愚痴や文句を言い合うことは、
珍しくないし、楽しみになってる人もいる。

生活費を稼ぐ為に、
嫌々仕事をする人も多い。

今は丁度冬のボーナスの時期だから、
退職を考えてる人も多くなる。

 

でも、ちょっと冷静に考えてみて。

会社を辞める理由は、
転職することで解決されることか。

転職した先がどんな職場かは、
実際に働いてみないと分からない。

もしかしたら、今の会社と同じか、
それ以上に悪い状況になるかもしれない。

それぞれの会社に、良い所と悪い所がある。

そんなこと考えたらキリがないけど。

 

給料とか出勤日数とか、
業務内容や職場の人間関係など、
職場の要素は沢山あって複雑。

退職したくても、不安だったり、
迷って悩んでる人も沢山いる。

そんな迷える子羊達に、
道標になるヒントを教えてあげる。

仕事を辞める時や探す時の、
目安にしてみて。

仕事を辞めるべき理由は、大きく3つある。

 

1.時間単価が上がらない

何年も勤務していたり、
仕事の範囲が拡がっても、
ずっと同じ給料の会社もある。

仕事の質は高まってるし、
経験やスキルも積み重ねているのに、
待遇だけが変わらない。

会社の業績が悪化して、
ボーナスがもらえなかったり、
下がったりする場合もある。

サービス残業などのタダ働きも、
時間単価を下げてしまう。

そんな会社にいたら、
心も身体もボロボロになる。

何も報われないまま、
会社の都合の良いように使われる。

そんな風にならないように、
会社よりも、自分を大事にしてね。

働いてる以上は、
報酬や待遇で自分を評価して欲しいし、
そうあるべきだから。

 

真面目や忍耐や継続も大事だけど、
頑張り続けるべきかどうかは、
きちんと自分で判断しよう。

歳を取れば取る程、
可能性は狭くなってしまう。

経済力がないせいで恋愛できなかったり、
結婚できない人だっている。

お金はいつだって必要なのに、
結婚した後も不自由な生活を送り、
制限だらけの毎日を過ごすことになる。

でも転職のリスクが高いからって、
今の会社を辞められなくて、
身動きが取れなくなる場合もある。

手遅れになってからじゃ遅いんだ。

 

続く。