先日、成人式が行われた時に、
振袖が届かないトラブルが起きたと、
全国ニュースで報じられていた。

横浜にある振袖を扱う店が、
成人式前に閉店した為、
振袖の予約をしていた人に、
振袖が届かなかったという事件。

詳しい話は知らないけど。

元々閉店する予定だった店が、
振袖代だけ徴収して、
品物は渡さないという、
悪意を持っていた可能性がある。

一生に一度しかない成人の日に、
そんな汚い大人の思惑のせいで、
傷つき、嫌な思いをした人にとって、
最悪の出来事になったに違いない。

 

ニュースを知った世の中の人達は、
残念だとか、かわいそうだとか、
思いながらも、聞き流していた。

しかし、キングコングの西野さんは、
この事件の被害者達を、
何とか救おうと考えた。

その為に立ち上げた企画が、
リベンジ成人式。

 

来月2月に行われるリベンジ成人式は、
昼にもう1度成人式を行い、
夜はクルージングディナーを催す企画。

その際に発生する
着付けやメイク、衣装代など全て、
西野さんが自腹で負担する為、
参加者は無料で参加できる。

参加者人数は約150人程度。

つまり西野さんは、何百万円もかけて、
このリベンジ成人式を行うことになる。

 

なぜそこまでして、
リベンジ成人式を行うのか。

西野さんが言うには、
汚い大人の思惑や都合のせいで、
大人な失望して欲しくない。

良い大人や楽しい大人、
輝いてる大人もいることを、
新成人や世界に教えたいらしい。

西野さんは今回の事件について、
何の関係も責任もないのに、
大人の代表として、
ごめんなさいと謝っていた。

そんな西野さんの想いや行動で、
救われた人や感動した人は、
沢山いると思う。

西野さんは、この事件の被害を薄め、
光と希望を与えることができた。

 

俺自身、こんな大人がいてくれて、
凄く感動したし、こうなりたいと思った。

自分の感動や感性、考えと行動で、
世界に光と希望を与える。

そんな大人になりたい。
そんな会社を作っていきたい。

それができれば、もっと多くの人達が、
青春していけるはずだから。