日本人の間違った認識で、
耐え抜いて継続するとか、
忍耐を美徳とするような、
自己犠牲の精神がある。

他にも、従属の精神とか。

要するに、
上の言うことには黙って従え的な考え。

そんなこと誰も望んでないのに、
皆そうしてるから、
仕方なく自分もそうする。

だからこそ、
ブラック企業も社畜も減らない。

長時間労働をしても安い給料で、
閉塞的なライフスタイルを送り続ける。

日本人は、同一性が高い民族。

多数派でいたがり、
少数派を悪とする傾向がある。

だからこそ、自己主張が弱く、
権力に逆らわない。

この国民性は、
ブラック企業と社畜を増やしやすい。

ブラック企業や社畜は、誰の得になるのか。

誰の為に存在するのか。

答えは、ブラック企業の為だ。

つまり従業員にとって、
ブラック企業も社畜も、
良いことなんて1つもない。

そしてブラック企業と社畜の存在は、
青春できない大人を増やす。

自由な時間が極端に少なく、
自分の気持ちを捨てる人は、
青春はできないからだ。

だからこそ、ブラック企業の撲滅や
長時間労働の是正は、
青春できる大人を増やすことに繋がる。

それは、とても難しいことだけど。

働く社会人1人1人が、
ブラック企業で働くことを辞め、
自分の本当の気持ちを優先させることで、
少しずつ世界を変えていける。

動かない人は、ほっておく。

自分の気持ちを捨てたり、
人生を諦めてる人は、
そのまましがない毎日を生きていけばいい。

でもそうではない、青春したい人や、
理想の未来を実現したい人は、
勇気ある一歩を踏み出そう。

奇跡的に与えられた
たった1度きりの人生を、
悔いなく終わる為に。

まずは俺が、お手本を見せてあげるよ。