俺が今働いてる会社には、
製造部と運送部がある。

業種の傾向だと思うけど、志が低く、
夢や理想の未来がない人ばかり。

中には、ただ死んでないだけの、
いわゆるゾンビ状態の人もいる。

 

30代半ばにもなって、
彼女できたこともないし、
ひたすらゲームやアニメやギャンブルに、
時間とお金を費やし続けるダメ人間。

ただひたすらボーッとして何もしない、
誰とも喋らない休日を過ごし、
休み明けに出勤すると、
うまく声が出ない人までいる。

ここまでくると、もはや人間として、
脳が欠損してるとしか思えない。

キツイ言い方だけど、
そんな人が現実にいる。

 

何でそうなったのか、
理由はそれぞれ違うんだろう。

でも総じて共通する点は、
自分の気持ちを押し殺し続け、
諦め続けてきたこと。

青春することなく生き続けてきた結果、
ゾンビ人間ができあがってしまった。

それが俺なりの答え。

 

鬱とは、また違う状態。

鬱は、ひどい目にあったり、疲れ果てたり、
頑張り過ぎた結果、陥ってしまう病。

ある意味、人間らしい。

でもゾンビ状態は、人間らしさに欠け、
プラスも少なければ、マイナスも少ない、
ほとんど何の変化もない毎日を送る人。

安心と安定を求め続け、
挑戦や努力を避け続け、
何もかも他人や世間のせいにし続けた人が、
辿り着く末路。

 

わずかな人としか関わらない孤独。

それによって頭がおかしくなったり、
犯罪に走る人もいる。

こんなに悲しいことはないよ。

 

挑戦や努力をして、新しい経験や、
人との繋がりを積み重ねていけば、
ゾンビ状態になることはない。

ゾンビ状態にならない最大の予防策は、
青春すること。

多分、青春の反対語が、ゾンビ状態。

考えることも行動することも忘れ、
孤独の中で他人からも忘れ去られる。

そんな末路なんて、本当は誰も望まない。

今ゾンビ状態の人だって、
望んでそうなったわけじゃない。

気づいたらそうなってただけ。

別に本人が悪いわけじゃない。

ただ、知らなかっただけ。

 

だから、青春しよう、ね。

今からでも、遅くないよ。