TOKIOメンバーの山口達也氏が、
未成年にわいせつな行為をした事件。

前回は、失われた思春期について、
記事を書いてみた。

今回は、情報が世に出回りやすくなり、
ガラス張りの世界になったことについて。

 

スマホやネットの普及により、
情報が溢れ、得やすい時代。

ちょっとしたことでも、
すぐにスマホのカメラで撮影して、
SNS等で拡散できる。

それこそ魔法のアイテムみたいに、
ポケットの中に世界が広がっている。

悪いことをしてる人や嘘つきは、
とても生き辛くなったね。

TOKIOの山口氏も、スマホのカメラで、
何らかの証拠を撮られたのかも。

 

不倫や浮気などが、
始まるのも露呈するのも、
スマホやネットが関連してる。

色んな人と繋がることで、
良くも悪くも、出会いは増えるし、
違う自分を見せることもできるし、
証拠になりやすくもなっている。

ガラス張りの世界は、
隠し事が難しくなってる。

 

その反動か、信頼の価値が高まってる。

信頼がある人の情報は、
シェアされやすく、賛同を得やすい。

信頼がない人の情報は、見向きもされない。

信頼があれば、お金も人も集まるけど、
信頼がないと、どんどん孤独になる。

 

嘘をつかないのは当たり前。

面白いとか、為になるとか、
良いものを作れるとか、
仕事ができるとか、守ってくれるとか、
そういう技術(能力)・人間性・行動が、
個人の信頼に繋がっていく。

どんな会社に勤めてるとか、
結婚してるとか、経済力とか、
昭和な価値観は、もう通用しない。

固定概念に囚われたり、
偏見でカテゴライズすると、
大切な真実が見えなくなる。

情報を得て、取捨選択して、
自分なりの考えや答えを持って
生きていかなきゃ、取り残される。

だからと言って、隠すのもダメ。
見えない時点で、信頼が得られない。

今は何よりも、信頼を稼ぐべき時代。

ガラス張りの世界を、逆手に取るんだ。