TEDとは

簡単に言うと、プレゼン大会。

本家はアメリカで、超有名人達が参加する。

日本でも、各地で自発的に開催されてる。

正直、俺もそんなに詳しくないけど。

熱い想いや活動を伝えたり、
皆が知らない情報や知識を伝えたり、
技術を披露する場合もある。

ある種の先生になって、教えていくんだ。

まるで違う世界に感じるけど、
日本で自発的に開催されているTEDは、
プレゼンに関しては素人の参加者も多い。

プレゼンをスタッフ達と一緒に作りこむから、
その辺は案外大丈夫なのかもね。

そんなTEDが、浜松市でも開催されている。

 

青春人の集会場発見!!

ついに見つけたぞ!

青春人達がひしめき合う場所を!

それは、TEDX浜松
テッドエックス浜松って呼ぶみたい。

このプレゼンをしてる前田さんと、
一緒にお茶摘みをした。

この間書いた血統の記事で紹介した親戚の上の兄貴が、
TEDX浜松のスタッフとして、活動していたのがキッカケ。

その縁で、今回お茶摘みに参加してくれた。

更に、TEDX浜松の主催者やスタッフも何人か来てくれた。

そんなに話さなかったし、
そういう世界があることは知っていたけど。

実際にそういう人達と一緒にいれて嬉しかった。

ちょっと圧倒されたよね。勝手に(笑)。

 

主催者の人は、言い方を変えれば、
イベントプロデューサー。

企画や運営をしている。

将来イベントプロデュースをしたい俺にとって、
まさに手本であり、先輩だね。

 

スタッフの人は、
「趣味とかもいいんだけど、知的なコミュニティに入って活動してみたいと思った」
と言っていた。

うん、それって青春したいってことだよね!(笑)

青春人達と出会えるって幸せ。

情熱が高まる!負けてられない!

 

大舞台

「オーディション受けてみれば?」
って言われたから、考えてみた。

100人以上の観客がいる、
あの大舞台に自分が立つなんて。

想像しただけで、何とも言えない気持ちになる。

高まるような、びびってるような。

去年は26人の応募者から2人が合格したみたい。

本番でプレゼンを行うのは、
スタッフ推薦枠が4人で、
オーディション枠が2人。

倍率は、思ったより高くない。

プレゼンの経験は少しあるけど、
青春のプレゼンはしたことない。

こうして毎日青春系ブログを書いているから、
うまくまとめるだけかもしれないけど。

果たして、通用するだろうか。

こうしてブログを書き続けることは、
いわゆる自己満レベルで、自由。

でも大舞台でのプレゼンとなると話は別。

観客は、貴重な時間を割いて見に来てる。

期待を裏切ることは許されない。

そして、俺が青春に関するプレゼンをして、
もし失望されることになったら、
それは、青春する人が増えないということ。

それだけは絶対にやってはいけない。

 

TEDの本番は、9月に開催される。

現在、参加者を集めてるところらしい。

タイミング的には、まだ間に合うと思う。

良い目標にもなる。
プレゼンを作る良い機会にもなる。

青春人達との繋がりを作るチャンスでもある。

これだけのチャンス、生かさない手はないよな。

あぁ、怖気づいてしまう(笑)。

作っちゃう?青春についてのプレゼン。

緊張するなぁ。作るだけでも。

またやること増えた!(笑)

そう、うん。やってみるよ。