なぜ青春屋さんをやろうとしてるのか、
考えてみたから聞いて(笑)。

単純に、青春が大好きってのもあるけど。

それだけなら、プライベートで、
周りの仲間や恋人と一緒に、
好きに青春すればいいわけで。

青春屋さんを設立しようとしたのは、
青春したい人は沢山いるのに、
青春できてない人が沢山いて、
もったいないなって思ったから。

世の中の一般論として、青春は、
十代・学生の特権だと思われてて。

青春したいとさえ思わない人が、
ほとんどってのが現状。

でも、そんな一般論を覆して、
青春する人が沢山増えたら、
どんな素晴らしい世界になるんだろう。

そう考えると、凄くワクワクする。

だからきっと、青春屋さんは、
この世界に必要なはず。

今の世の中にない仕事をしたいし、
自分にしかできないことをしたい。

あとやっぱり、楽しそうじゃん!

 

趣味として青春していくことは、
そんなに難しいことじゃない。

自分でお金を使って、
収益だって、なくたっていい。

空き時間に、好きなことを、
好きなようにすればいい。

でも、仕事としてやっていくなら、
色んな責任を背負うことになる。

収益も、得る必要がある。

それに、ただ好きなことを、
好きなようにやってるだけじゃ、
きっと夢は叶わない。

夢を叶える為には、
理想の未来を実現させる為には、
辛いこと、悲しいこと、苦しいことを、
沢山乗り越えていかなきゃいけない。

諦めそうになる時もあるだろうし、
悩み、迷う苦悩の日々を繰り返す。

でもそれ以上の、
幸せなこと、嬉しいこと、楽しいことが、
きっと沢山ある。

今の世界にない自分の会社を作って、
希望と感動を巻き起こして、
使命を果たす。世界を変える。

遠く儚い夢物語。

 

青春屋さんとして独立するなんて、
とても難しいことだって、分かってる。

でもさ、今更夢がない生活なんて、
考えられないんだよね。

もうここまで来たら、
前に進むしかない。

ここまで来たらって言う程、
前進しちゃいないけどね(笑)。

 

ただ楽しいだけじゃなくて、
笑ったり、想い出を作るだけじゃなくて。

例えば、施設で暮らす子供達や、
障害を持った人達を、
救えるような何かをしたい。

どんな環境や状況下であっても、
人の暖かさや優しさを、
どうか忘れないで欲しい。

青春Worldsは、
青春したいって気持ちがある人を、
誰一人として見捨てたりはしない。

そんなチームを作り上げたい。

 

青春したいけどできてない人は、
この世界に溢れる程いる。

鬱の人、自殺したい人、
未来に希望を持てず、
絶望に暮れる日々を過ごす人。

ポジティブに考えると、
そういう人達が青春できれば、
世界は驚く程、素晴らしくなるはず。

だから諦めないで欲しい。

誰にだって、理想の未来はあるから。

だからあなたも、青春しようね。