青春コンサルタントとは

俺の職業である(笑)。

コンサルタントの意味は、
ある事柄について助言・指導を行う専門家。相談役。
といったところ。

簡単に言うと、青春の先生。

でも、青春コンサルタントって聞くと、
何だか怪しいよね(笑)。

「青春コンサルタントです。」って言うと、
「え?」「は?」とか言われちゃう。
頭大丈夫?って顔しながら(笑)。

何それ?何やってる人?って、思うよね。

 

伝えるのが難しい

まず、説明に時間がかかる。

青春自体が、かなり抽象的だし。
そのコンサルタントって言っても、
イメージが沸かないよね。

最近思いついた説明は、
青春に関するウェブメディアを運営してて、コンサルティングやイベントプロデュースも行ってます。

多分、これがシンプルで伝わりやすいと思う。

実際、ウェブメディア運営はやってるし、
コンサルティングも、知恵袋でゲリラコンサルティングしてる。
イベントプロデュースは、募集は少ししてる(笑)。
勿論、誰も来ない(笑)。

うん、嘘はついてない(笑)。

まだ起業できてないから、しょうがないよ!

 

ターゲットは大人

青春屋さんって言うと、
「十代・学生を相手にするの?」
って聞かれる時もある。

でも実際は、20歳以上の大人をターゲットにしてる。

『青春は十代・学生の特権』っていう常識を
ぶち壊しに来た!←どこにー?

コンセプトは、大人でも青春しようぜ☆

実際、大人でも青春してる人はいるよ。

そういう人達は、悔いのない人生を送ってる。

だから皆も、青春しよう!

 

青春って、何やるの?

青春の定義は、仲間と熱い今を駆け抜け、希望と感動を巻き起こすこと

これまた抽象的だな(笑)。何となくは分かるけど。

具体的な説明にはなってない。

あえて具体的に言うなら、
逆境を乗り越えて、仲間が増えて、夢の実現に近づいていくこと。かな。

うん、即興の割に良い言葉が思いついたぞ☆

『夢を叶える』と『青春する』は、似て非なるもの。

夢が実現しなくても、仲間と一緒に過ごした時間は人生の宝物。

勿論、夢が実現できた方が、超青春だけどさ(笑)。

実現できなかったとしても、青春なんだ。

要するに、過程や内容が大事ってこと。

高校野球の大会で、一回戦で敗退したとしても、
立派に青春してるでしょ?

甘く聞こえるかもしれないけど
青春には、成果は求められない。

厳しく言うなら、成果が出るまで頑張り続けるのも、
立派な青春なんだけど。

現実は、全ての人の夢が実現するわけじゃない。

でも、何かが終われば、また何かが始まるんだよ。

だから、ずっと青春できるんだ。

俺はそう信じてる。

 

『青春コンサルタントとは』まとめ

1.青春の先生として、ウェブメディア運営・コンサルティング・イベントプロデュースを行っている。
2.大人でも青春できるように頑張ってる人。
3.仲間と夢を追うのは楽しいってばよ。

まぁ、まだまだこれからだよ。

どんな風に進化していくのか、自分でも楽しみ!

以上、青春コンサルタントの説明でした!