大人でも青春できる環境にする為には、
大人が青春できない原因を
解消する必要がある。

その1つが、長時間労働撲滅。

なぜなら、
大人が青春できない1番の理由は、
プライベートの時間が少ないことだから。

 

たまにニュースでも聞く話で、
長時間労働が原因で自殺をする人もいる。

自殺まで至らなくても、鬱病になったり、
心を壊してしまう人もいる。

それらの現状から、本人が望まない限り、
長時間労働は絶対悪と言える。

きちんと時間外労働分の給料が
支払われていればまだいいけど。

サービス残業にされた場合は本当に最悪。

給料が発生しないのに、
したくないことを無理矢理させられて、
心身共に疲労するなんて、
嫌なことしかない。

この悪しき習慣は、
この世から撲滅する必要がある。

 

長時間労働になる原因の多くは、
会社が利益を最優先し過ぎてるから。

仕事量に応じて従業員数を増やせば、
従業員1人1人の労働時間は適正になる。

そうしないのは、人件費を抑え、
利益を得たい企業側の考えのせい。

資本主義的な考えは、
人間の心を無視しがちで、
幸福度を下げてしまう。

 

しかし長時間労働撲滅は、大き過ぎる目標。

現実的に考えて、
仕事量と従業員数のバランスを取ると、
赤字になる企業も増える。

そして、企業数は途方もなく多い。

政府も長時間労働撲滅の為の政策を
進めようとしてるけど、
政府の力を持ってしても、
長時間労働撲滅は相当難しい。

政府でも難しいことを、
個人や小規模団体で成し遂げるのも、
言うまでもなく相当難しい。

でも、もし長時間労働撲滅ができたら、
世界は良い意味で大きく変わる。

プライベートの時間が増えることで、
より自分らしく生きることができる。

友達や恋人、家族と過ごす時間が増える。

そんな世界はきっと、
多くの人が理想としている。

 

長時間労働撲滅の為に、
何かできることはあるだろうか。

皆も是非、考えてみて。

それは、青春するキッカケになるから。