日本全国各地には、
それぞれの特徴や違いがある。

都会と田舎、関東と関西、北と南。
気候や風土風習、交通網、
そこに住む人の人間性も違う。

住むにしろ働くにしろ、
自分に合う場所にいた方が良い。

起業時の構想として、立地条件も大事。
同じことをするにしても、
立地によって成功するか失敗するか、
結果も変わる。

人口密集地と過疎地それぞれにも、
メリットとデメリットがある。

そこの見極めと判断が大事。

俺のしようとしてるビジネスは、
ネット(バーチャル)とリアルが、
半分ずつくらいのバランスにするつもり。

ネットなら、立地はそこまで関係ない。

他企業と頻繁に顔合わせするなら、
人口密集地の方が良いけど。

リアルだと、やはり人口密集地が有利。

単純に人が沢山いるし、
周辺に色んな店やスポットが多く、
交通の利便性も高いから、
わざわざ行く気になりなすい。

デメリットとしては、
建物の賃貸料が高く、競合が多いこと。

そこだけ考えると、利益を得にくい。

さぁ、色んな要素を踏まえた上で、
どこで起業しようかな。

候補地は、地元浜松と、
日本3大都市の1つ、名古屋。

電車で2時間の距離だから、
浜松と名古屋、両方を拠点にしてもいい。

大都市と地方の両方で仕事を進めるのは、
斬新というか新しいというか、
何だかワクワクするから。

でも住む所はどちらかになるし、
ライフスタイルを一新したり、
未知なる可能性を秘めていて、
心が惹かれるのは名古屋だ。

新鮮さやトキメキって大事。
 
ベンチャー企業を立ち上げるのは、
都会ってイメージもある。

夢追い人も沢山いそうだし。

名古屋に引っ越して起業するのは、
青春度が高い印象がある。

だから多分、起業する時は、
名古屋に引っ越すことになるかも。

続く。