収益性・売り上げに悩み続けた日々

起業準備の中で、一番頭を悩ませたのは『収益性』。

事業を続けて行く為には、会社の利益は欠かせないから。

しかし、アイディアは思いつくのに、パッとしない。

イベントプロデュースをするには、まだアクセス数が少な過ぎる。

コンサルティングをするには、手間がかかるので高額になる。

そんな金額を払ってもらえる程の信頼と実績はない。

 

『集客力・宣伝力・実績・信頼』といった事業運営に必要な要素が足りない。

だから何もできない。考えても考えても見つからない。

 

収益性を急いだ理由

早く起業したかった。会社も辞めたかった。

やりたいこと・好きなことをやりたかった。

お金も稼げるようになりたかった。

起業したい人によくあるパターンだね。

 

起業家の失敗パターン

自分が稼ぎたいという気持ちばかりが前に出て、
クライアントの視点と気持ちを無視してしまう。

そんな事業を立ち上げたところで、クライアントは増えない。

アメブロを見てるとよく分かる。

「ネットで顧客候補を発掘しよう」と、
やっきになってる起業家が大勢いる。

それ見て思うよ。

「あなた誰?いや、関わらないよ?」ってね(笑)。

 

しかし、世の人の為になるコンテンツやサービスを作るだけでも足りない。

更に、集客ができても、まだ足りない。

『良ければ売れる』時代ではないんだ。

 

世の中にはおいしそうな話が溢れている。

「空いた時間で月収○○万円」
 →空いた時間って、何時間?

「経済的・時間的な自由を手に入れよう」
 →甘すぎるでしょ。

「誰でも簡単に、確実に稼げる方法を教えます」
 →そんなものは存在しない。

騙されないように。真実を見抜くんだ。

『起業ビジネス』というジャンルも存在する。

安易に乗せられないように注意しよう。

 

辿り着いた答え

収益性を作り出そうと悩んでた日々の中で、
4年付き合ってた婚約者と別れ、
夢を諦めかけた時に、ある答えに辿り着いた。

「俺って、お金儲けがしたかったんだっけ?」

「違う。俺の夢は、1人でも多くの人に1秒でも長い時間を青春してもらうことで、世界を変えること。」

「その夢を叶える為に起業するんだろ!」

そこで気づいた。

いつの間にか、目的と手段が入れ替わっていたんだ。

収益性よりも、青春の世界を拡げることの方が大切なんだ。

起業すらも、夢を叶える為の手段に過ぎない。

夢が叶うなら、収益性なんていらないし、起業する必要もない。

事業運営の為には、収益性が必要だけど、
夢を叶える為には、必ずしも収益性が必要なわけじゃない。

 

今後の起業準備について

収益性は、自然に生まれるべきだと思う。

だから、とりあえず考えない。

やるべきことは、スピーディーに良質のコンテンツを制作し続けること。

アクセス数も、信頼度も、
良質のコンテンツを提供し続ければ、自然に上がる。

その頻度も、月イチとかじゃダメ。頻繁に提供し続ける必要がある。

その理由は、人々の日常に溶け込む為。

そして大事なのは、可能な限り無料で提供すること。

言うまでもなく、有料より無料の方が人に届きやすい。

無料のコンテンツは、世に広まりやすいんだ。

それこそまさに、俺がやりたいこと!

もういいじゃん!
コンサルティングだって、無料でやっちゃうよ!

Go Ahead Make My Days!
(前に進んで、自分の日々を作っていくんだ!)

青春しようぜ☆