冬のボーナスが支給された瞬間に、
退職届を提出しようと思ってる。

それが起業への新しいスタート。

やっと自分の進むべき道への、
勇気ある一歩を踏み出せる。

そんなことを思っていた俺に、
試練となる誘惑がやってきた。

その内容は、来年度(2018年6月)から、
今の会社で役職がつく可能性が、
とても高くなっていること。

 

今は管理業務担当者として仕事をしてる。

でも実質上は、中間管理職として、
色んな仕事をしたり、
責任者として扱われている。

ブラック企業だし、その内辞めるから、
あんまり気にしてなかったけど。

とうとう、役職につけることになりそう。

多分、係長か課長って肩書きかな。

 

別に肩書きなんてどうでもいいけど、
確実に昇給することになる。

「いくらくらい上がるんだろう」
っていう期待感もあるし、
「残業代がつかなくなるかも」
っていう不安もある。

今月の給料は、残業代だけで、
10万円以上もらったからね(笑)。

でも役職がつくってのは、
自分の努力や能力が認められた気がして、
嬉しい気持ちになる。

少しだけ、親孝行できた気にもなる。

 

それに対して起業は、
自分の力で収入を稼ぐこと。

決まった時間にさえ働いていれば、
決まった給料をもらえる会社員とは、
真逆の働き方と言える。

もちろん、起業に対するリスクは知ってる。

その上で夢を叶える為に、
勇気ある一歩を踏み出そうとしてる。

今までは会社への不満が沢山あって、
それが起業への後押しになっていた。

でも今回の役職に就く話は、
会社に留まらせる誘惑となる。

 

頭で考える計算と、心が感じる情熱。

今の会社に留まるか、起業するか、
双方にメリットとデメリットがある。

さて、俺が出す答えは?

 

続く。