最近、色んな人に聞いてる質問。

もし、どんな仕事でもできるとしたら、
どんな仕事をしたいですか?

色んな人に聞いてるって言っても、
まだ2人にしか聞いてないけど(笑)。

 

1人目のAさんは、バスケットライター。

バスケットに関する情報を、
記事にしたり、取材したりする。

自分がバスケット大好きだから、
情熱が凄い熱い。

俺の青春に対する情熱より、
多分高いと思う(笑)。

青春系の情報発信をしてる俺と、
似てるところが多い。

 

2人目のBさんは、ファッションデザイナー。

服やアクセや小物などの、
オシャレなアイテムをデザインする。

今大学生の人なんだけど、
中学生から思ってたみたい。

前は、たまに自分で作ってたらしい。

 

では、なぜこの2人は、
夢を実現させようとしてないのか。

バスケットライターについては、
そういう仕事自体がないから。

色々調べてはみたらしい。

月間バスケットボールとか、
アメリカのNBAリーグについては、
専門誌が発行されてるんだけど。

Aさんが情熱を注いでいる、
高校のバスケットについては、
大した情報誌がないらしい。

更に、ライター業としては、
バスケットのみに特化したライターは、
募集してないらしい。

スポーツ記事の内の1つとして、
バスケットの記事を書くから、
他のスポーツ情報も、
書いたり取材しなければいけない。

しかも、スポーツとして、
バスケットの人気は、正直低い。

サッカーや野球のように、
テレビ放送されることが少ないし、
オリンピックも、結果すら分からない。

つまり、ニーズが少ない。

ただでさえ、雑誌業界は、
すたれてる一方だし。

趣味でブログやウェブメディアを運営して、
情報発信していくことは可能だけど。

職業として、お金を稼ぐのは、
かなり厳しいのが現状。

 

ファッションデザイナーを夢見たBさん。

高校受験の時に、ある程度成績が良く、
それなりのレベルの高校に進学できた。

一般的に、進学は、
自分の成績で行ける範囲の、
一番レベルの高い学校を志望する。

その傾向通り、Bさんは、
高校も大学も進学した。

仕事も、自分で行ける範囲の、
一番待遇が良い会社に就職した。

 

2人に共通していることは、3つ。

・仕事として、就職先が少ない。
・クリエイティブな職業。
・人気や支持が重要。

これら3つの要素が、
夢の実現を難しくしていると思う。

狭き門であると、仕事に就きにくい。

クリエイティブな仕事は、皆が好き。

人気や支持は、うつろい、薄れやすい。

好きなことを仕事にするのは、
とても難しいこと。

好きなことを仕事にできたとしても、
続けることも、難しい。

目指してもなれないなら、
最初から無難な道を選ぶ。

そうすれば、家族や周りの人は、
反対とか心配をしないから。

 

もし、どんな仕事でもできるとしたら、
あなたは、どんな仕事をしたいですか?

考えてみると、何か気づけるかも。