独立起業が、なぜ難しいのか。

その答えは、凄く当たり前のことで、
その仕事だけで生活できるくらいの
収入を得なきゃいけないから。

ざっくり月収20万円くらいが目安かな。

それを自分の力や活動で生み出すのは、
結構難しいと思う。

だから多くの人は、独立起業しない。

これが落とし穴。

 

そもそも独立起業っていうのは、
自分の事業だけを仕事にしていくこと。

だから必ずしも、
収益がなきゃいけないわけじゃない。

社員が大勢いる株式会社でも、
赤字企業の場合もある。

赤字でも経営していいなら、
収益はなくても独立起業はできる。

銀行からの融資が打ち切られて、
廃業する場合もあるけどね(笑)。

 

独立起業に必要なものは、
正規の手続きと、正当な業務内容

きちんと書類を提出して、
国から営業許可を得る。

そして、仕事を作って業務をこなす。

たったそれだけ。実は凄くシンプル。

結果が出るかでないか、
収益が生まれるか生まれないかは、
その後の話。

ただ、大多数の人は、
「収益がないなら起業しない」って
決めているだけ。

収益がなければ給料がなくて、
生活できなくなるから。

「仕事イコールお金を稼ぐこと」
って思ってると、そうなるよね。

 

ほとんどの人は、
本当はやりたい仕事がある。

でも資格がないとか、学歴不足とか、
自分には無理と諦めて、
それなりの仕事を選んでこなす。

それが間違ってるわけじゃないし、
起業を勧めるわけじゃないけど。

やりたいことを仕事にするのは、
そんなに難しいことじゃない。

変な固定概念や常識に、
思考を縛られてるだけ。

でも、その縛りさえふりほどけば、
自分の望む道を歩くことができる。

 

続く。