生まれつきかどうかは分からないけど、
俺は昔から、戦いとか挑戦が大好きだった。

大概の男の子は、子供の頃は、
そうだったと思う。

ヒーロー戦隊やバトル系のアニメに、
誰しも夢中になったことがある。

でも大人になるにつれて、
少しずつそうではなくなっていく。

 

青春系の記事を毎日書くことも、
最初は無理だと思ってたけど、
やってみたらできた。

起業も現実的になってきて、
今の会社で引き継ぎが終わったら、
何かの仕事を掛け持ちしながら、
自分の事業も展開していこうと思ってた。

でもそんなスピード感のない、
安心と安定を手に入れたままの、
普通じゃつまらなくて。

かなり無謀だけと、
今の会社を辞めると同時に、
独立起業すると決めてみた。

そしたら、決めただけなのに、
心がとてもワクワクして、
たぎっちゃった。

「あぁ、こういうことなんだな」って思った。

 

答えが何かは、心の高鳴りで確認できる。

だからこの挑戦は、絶対にするべき。

そう思って、色々考えてみた。

でも独立起業は、どう考えても厳しくて、
いくら考えても答えは見つからなかった。

でも諦めたくなくて、
「何かあるはず」「何かできるはず」
って自分に言い聞かせて、
周りの人達にも相談して、答えを探してた。

 

でも諦めた(笑)。

諦めたわけじゃないけど、諦めてみた。

意味分かんないよね?(笑)

要は「やる前から絶対いける!」
って勝算が生まれたり、
自信持てるようなアイディアなんて、
多分、ないんだと思う。

そもそも、経営とか商売の経験なんて、
全くないわけだし。

絶対に儲かる商売があったら、
皆それをしてるだろうし。

皆が同じことをしたら、
それは儲かる商売じゃなくなるから。

 

だから、やってみて確かめるしかない。

やってみて失敗しても、その失敗が、
次に戦う時の武器になるかもしれない。

だからとりあえず、がむしゃらに、
何かやってみようと思った。

 

でもやっぱり思いつかない(笑)。

そりゃ起業を志してから、
3年以上も思いつかなかったことが、
突然思いつくなんて難しいよね。

だから、独立起業する為には、
「何をどうするべきか」って問いが、
何で難しいのか、考えてみた。

そしたらさ、大きな落とし穴があったよ!!

 

続く。