夢が生まれる瞬間やキッカケは、
結構何気なく転がってたりする。

歌手になりたい人は、
好きな歌手のライブに行った時に、
感動したりトキメいたから。

サッカー選手になりたい人は、
友達とサッカーしてる時に、
楽しくて夢中になったから。

保母さんになりたい人は、
子供が可愛くて、大好きだから。

こんな風に、何気ないできごとで、
ふと夢が生まれたりする。

 

俺の夢は、青春屋として起業すること。

その先や、他にも沢山あるけど。

その夢が生まれた瞬間は、
全然ドラマチックな話なんかじゃなくて。

今の会社で一生働いていたら、
お金もそんなに稼げないし、
仕事内容もみずぼらしいし、
もっと自分が楽しく思えて、
適性がある向いてる何かを、
一生の仕事にしたいって思ったから。

そこで色々考えたり、
情報を集めたりしてる内に、
少しずつ夢が形作られていった。

 

それは、消去法の夢。

しがない毎日を何とか変えよう、
何とか抜け出そうとして、
自分なりに作り出した夢。

悪い言葉で言えば、逃げ道だった。

当時は起業や経営に対する知識も浅く、
考え方が根本的に甘かった。

「好きなことで起業する」的な本を読んで、
影響されたのが始まり(笑)。

好きなことを楽しくやりながら、
お金を稼いで生活していけたら、
こんなに幸せなことはない!って思ったよ。

 

でも起業準備を進めていったり、
情報を集め続けたり、勉強してる内に、
現実はそんなに甘くないことを知った。

このサイトのアクセス数が0の日もあった。

そんな障害や壁が立ちはだかる中、
やっぱ起業なんてやめようって、
何回も思った。

でも結局3年もの間、
夢を追いかけ続けたのは、
自分の現状を変えたいと思ったし、
夢への情熱が燃え続けたから。

 

今の会社が、ちゃんとした体制で、
給料も上がっていって、
ボーナスも2ヶ月分以上あって、
年間休日日数が120日もあれば、
夢を追いかけなかったかもしれない。

今の会社は、ずさんな体制で、
給料も一切上がらず、
ボーナスも1ヶ月分で、
年間休日日数は92日で、
退職金制度もなし。

こんな会社で一生働こうとするのは、
人生を諦めた人達だけ。

 

普通に転職するって選択もあるけど。

どうせなら、人生を懸けて挑戦して、
夢を追いかけて青春したいと思った。

そんな消去法の夢は、
この先の人生を大きく変える。

良い方向か悪い方向かは分からないけど。

不安ばかりで自信なんてないけど。

もう、前に進むしかないから!