当サイトでは、2016年3月19日から、
毎日青春系の記事を更新し続けている。

最初は、毎日記事を書くなんて無理かも
って思ってたけど。

やってみると、案外できてしまって、
やっぱり自分は青春が大好きなんだな
ってことを、再認識できた。

俺に限らず、実は皆も、
やればできることが多いと思う。

やるかやらないかの差は、とても大きい。

 

相変わらず、アクセス数は少なくて、
1日あたり10アクセスもないくらい。

1年以上継続しているのに、
ほとんど成果が上がらないけど。

こうして記事を更新する習慣は、
アクセス数以外の意味もある。

例えば、記事を書くということは、
その内容を考えたり、
情報収集をする必要がある。

常にアンテナを張り巡らし、
頭で考えたり、視点を持つことで、
より深い考察ができたり、
アイディアが浮かんできたりする。

記事を書いて情報発信することは、
自分自身が学び、成長しなければできない。

つまり情報発信の頻度は、
自分の成長や学びに比例する。

しかも、青春に関する学びなんて、
99%以上の人がしてないこと。

だからこそ、差別化ができるし、
世間的には未知なる領域について、
特化することができる。

それは自分だけの強みであり、
長所となって、大きな力になる。

 

その他にも、タイピングスキルや、
ウェブコンテンツのスキルも向上する。

これらは、反復練習を繰り返し、
経験を積まないと得られないスキル。

そして多分、今後一生使うスキル。

日々の努力を積み重ねることで、
自分の能力を向上させれば、
できることが増えていく。

今では、1000文字程度の記事なら、
内容を考えたり、校正や修正を含め、
10分~30分で書けるようになった。

 

それでも、時には予定が詰まって、
記事のストックがなくなる時もある。

急な予定が入ってもいいように、
ある程度以上は記事をストックしてるけど、
どうしても予期せぬ出来事はつきもの。

昨日もそうだった。

記事のストックが1個しかないのに、
2日連続で急な予定が入り、
とうとう記事のストックが切れた。

でも毎日記事を更新すると決めている。

ということで、集合時間に遅刻をしてまで、
記事を書くことにした。

急な予定のせいじゃない、
自分が記事をストックしなかったのが悪い。

それくらいしてまで、
毎日記事を更新するという決め事を守る。

誰に言われたわけでもないし、
守らなかったところで、罰則や損もない。

ただ、やりきると自分で決めただけ。

睡眠不足が続き、眠くて仕方のない時も、
記事を書かなければいけない時は、
10分だけ仮眠を取って、起きて書く。

たまに、今日はサボっちゃおうとか、
思う時もあるけど。

毎日10アクセス前後あるということは、
ほんのわずかだけど、誰かが、
このサイトの記事を読んでくれてる。
だから届けないといけない。

そう思いながら、記事を書き続けた。

そんな風に、継続を習慣化してきた。

 

毎日記事を更新すると決め、
始めてから、今日で丁度1年経つ。

1年経った今でも、
青春に関する記事は、尽きない。

まぁたまに「これって青春系?」って、
思うような内容の記事もあるけど(笑)。

これからも頑張ります。