起業準備を始めて2年半。

こうして記事を書き続けているのも、
起業するという夢を叶える為。

ずっと悩んでいた、
収益性を生むシステム作りである
マネタイズも思いついた。

でも相変わらず、
起業準備が進まないのは、
本当はやりたいことじゃないからかも。

 

ウェブメディア運営も、イベント企画も、
正直別にやりたいとは思わない。

青春してる大人が増えて欲しいと思う。

でも、正直期待してないというか、
失望してしまう大人が多いのも事実。

人はそう簡単には変わらないし。

他人を変えようと思うこと自体、
おこがましい気もする。

 

お金を稼ぎたいとは思うけど、
年収1000万円とか、
そんな贅沢は望んでない。

年収500万円でも最高だと思う。

自分の会社を作って、
やりたいことで成功して、
それだけの年収があれば、
幸せ過ぎるから。

 

好きなことでも、仕事にすることが
必ずしも良いとは限らない。

俺はフットサルが大好きで、
毎日やりたいと思ってるけど、
プロになりたいとは思わない。

youtubeでプロの試合を観ても、
勉強にはなるけど、
あんな風になりたいとは思わない。

確かに、巧くて凄いんだけど、
全然楽しそうに見えないんだよね。

プロは結果にこだわるから、
仕方ないことなんだけど。

未経験者ばかりで楽しんでる、
俺達のチームのフットサルの方が、
ずっと楽しいと思う。

だから、ずっとやり続けていたい。

そう思える理由は、凄く楽しいから。

シンプルに、ただそれだけなんだ。

 

青春

 

起業を決意したばかりの頃は、
自分が好きで適性のある仕事を
したいって思ってた。

その答えが青春することで、
この世には青春屋がないから、
作ろうと思っただけだった。

でも青春屋って何すればいいんだろ?
って考えた時に思いついたのが、
ウェブメディア運営、コンサルティング、
イベント企画だった。

だけどそれらをやりたいかと考えると、
正直、そんなにやりたくない。

でも青春の素晴らしさを広める為には、
情報発信は必須だし、
イベントは青春だと思う。

青春してもらう為には、
青春する機会や環境を用意する必要がある。

でも、何か違う。

めんどくさいとか、臆病だとか、
そんなんじゃない。

本当にやりたいことは、多分、他にある。

それを見つけなきゃ。