先日、ようやく退職の意を、
社長に伝えることができた。

社長は退職しようとする人を、
けして引き止めない。

理由は色々あるんだろうけど。

俺も引き止められることはなく、
今後のことも軽く打ち合わせをした。

 

半年後に役職に就くと決まっていた
管理者が退職するという噂は、
瞬く間に社内に拡がっていった。

でも直接は何も言われないから、
それぞれ何か思うことがあるのだろう。

どうでもいいけどね。

でも、とても良い気分。

 

辞表を書いたのは夏だったから、
約半年間ずっと、
いつ辞めるのか、何て言って辞めるのか、
そんなことを考えてる時間が、
凄くめんどくさくて邪魔だった。

でも辞めることを伝えることができて、
頭も心もスッキリした。

今の気持ちを言葉にするのは難しいけど。

寂しさと悲しみと、悔しさとワクワク。

そんな複雑な気持ちで、心が高ぶってる。

 

これで、新たな道へ進むしかなくなった。

もう安定した生活とはさよなら。

ただの転職じゃなくて、起業への道は、
厳しくて険しくい修羅の道。

独立起業するわけじゃないけど、
リスクは高いし、実力だって不足してる。

経済力も乏しくなると思う。

それでも、少し大げさだけど、
人生と命を懸けて、
自分なりの青春を駆け抜けていく。

自分にしかできない方法で、
世界を、より良く変えていく。

そう決めたんだ。

 

今だからこそかもしれないけど、
この決断に、迷いや後悔はない。

やりたいことをできずに、
進むべき道に進めない毎日は、
苦しくて辛い気持ちでいっぱいだった。

俺がそんな気持ちでいるから、
会社にいる他の人達には、
色んな迷惑を掛けていたと思う。

でもそれら全ては過去の話で、
今はもう、過ぎ去ったこと。

大切なのは、今と未来。

この先どうなるか分からないけど、
退職する来年の3月末までの、
3ヶ月間をどう過ごすかで、
未来は大きく変わっていく。

これからは勝負の連続。

確固たる覚悟を決めて、
全力で駆け抜けるぜ!