いつの間にか、もう4月半ば。

もう半月もすれば、
1年の3分の1が終わる。

あと2ヶ月半もすれば、
1年の半分が終わる。

時間は止まらない。

人生の残り時間は、
どんどん少なくなっていく。

 

確かに、正月なんて、
かなり昔な気がするから、
中身のある時間を過ごせている。

でも、不思議な感覚があって、
夢に近づいたと思った後に、
夢が遠くに離れてしまう気がする。

1歩、前に進む度に、
1つ、また新しい厳しさや現実が、
目の前に立ちはだかる感じ。

レベル1をクリアした後に、
レベル2の課題が見える感じ。

嬉しいことに、これは多分、
この先永遠に続いていくと思う。

 

もはや起業は現実的になって、
挑戦ですらなくなってきた。

そこで今、目の前にある課題が2つ。

1つは、マネタイズ(収益性)と、
顧客価値提供の連動について。

他にはないシステムだから、
伝えたり、理解してもらう為に、
どんな説明をしていくか、
どう宣伝していくか、考え中。

もう1つは、夏が終わるまでに、
何かのイベントをやりたい。

今思った。完全に思いつき。

 

というのも、最近は、
誰かからの依頼だとか、
誰かが主体の企画ばかりで、
青春Worlds主体の活動が、
ほとんどない状態。

あっても、小規模なもの。

良く言えば、頼りにされて、
期待されて、信じてもらえてる。

悪く言えば、他人任せで、
頼っていて、自発的じゃない。

それじゃ、ダメだなって思った。
物足りないんだよね。

 

夏と言えば、儚くも熱く、
1番青春できる季節だからさ。

ここらで、どでかい花火を、
ドカンと一発打ち上げようと思う。

青春Worlds初のオリジナルイベント。

開催できたら、また一歩先へ進める。

最高の夏の思い出、作ろう。

決意ひとつで、人は進める!