青春

俺の夢の1つは、
青春屋として起業すること。

ビジネスとしてやっていくわけだから、
利益や人気が高まったり、
有名になったりすることが、
一般論で言う成功になると思う。

でもね、そんな未来を想像しても、
何も心がトキメかない。

それどころか、くだらねーとさえ思える。

もっと言わせてもらうなら、
必ず成功すると決まっているなら、
俺は夢を持つことも、追うこともない。

つまんないじゃん。
できることをするのって。

 

でも逆に、できなそうなことや、
無謀な夢を追うことは、
しないではいられない!

「無理」とか「やめとけ」とか、
そんな言葉を沢山投げかけて欲しい(笑)。

だからこそ追いかける価値があるし、
追いかけてるその瞬間も、
叶った時も、大きな感動が生まれる。

できて普通とか当たり前のことでは、
何の感動もドラマも生まれない。

だからどう考えたって、
夢を叶えることよりも、
追いかけてる瞬間の方が大事なんだ!

 

無謀な夢を追うことで、
不安な気持ちだってもちろんあるけど。

その何百倍も、ワクワクする希望で、
心が満たされている。

こうしてバカみたいに、
子供みたいな計算も計画も何もない夢に、
情熱を持ち続けられること自体が、
最ッ高ーに幸せだぜ!!

 

10年前に観て、人生を変えてくれた
ウォーターボーイズみたいな青春がしたい。

それすらも超えるような、
リアルな青春をすることも、俺の夢だから。

この先の未来がどうなっているか、
無限大の組み合わせと可能性がある。

その中の1つしか、選べない。

どうせ選ぶなら、報われなくても、
失敗だらけでも、成功しなくてもいいから、
一番青春できる道を駆け抜けたい!

それが俺の本当の気持ちなんだって、
最近気づくことができた。

こうして記事を書いてる時も、
構想やアイディアを考えたり、
勉強したり情報収集してる時間も、
最高に楽しいと思える。

未熟さとか足りないものとか、
そんなのどうだっていい。

飽くなき情熱が、青春しろと言ってる。

だからごめん!青春させてもらうわ!!

 

終わり。