和1

見た目だけでは分からない、
苦しみや悲しみを抱えてる。

そんな声なき声を持ち、
どうしたらいいか分からない。

そんな人達がいる。

残念で残酷だけど、
現実では、もう手遅れってことがある。

再発防止策や改善や努力が届かない範囲。

もうどうしようもない。

希望もなく、ただ嘆くだけ。
やがて嘆くことすらしなくなる。

暗い部屋で膝を抱えて、
独りぼっちだって思って、
ふさぎこむ。

自分は何をやってもダメだって、
生きてる価値なんてない、
死にたいって思ったり。

どの道を選んでも、
望む未来には届かなくて、
最悪の結末しか見えない。

涙を流せる内はまだ良くて。
涙が枯れた先に、自分を失くす。

そんな日々を過ごしてる人達がいる。

 

人を救う事は、簡単じゃない。

どんな言葉も、心に届かない場合もある。

だって本人の気持ちなんて、
他人に分かるはずないんだから。

自分の事を、何でも全部話せるわけでもない。

誰にも知られたくないこともある。

そんなこんなで、この国では、
1日に約80人が自殺してる。

自殺者数、年間約3万人。

これって途方もない数字だと思うんだけど、
世の中では、そんなに重く捉えられてない。

それが当たり前で常識?

自分には関係ない?

俺は、そうじゃないと思う。

 

極論から言うと、
全員が青春すれば、誰も自殺しない。

落ち込むことはあっても、
必ず立ち上がれる。

自分が孤独になってはいけない。
誰かを孤独にしてはいけない。

俺達にできることは、
ほんの少しでも誰かに、
興味を持ったり、接してあげること。

「大丈夫?」「どうしたの?」

そんな一言が、時に誰かの心に響く。

思いやりが無意味になる時もあるけど、
思いやりを持って接することをやめないで。

自分さえ良ければいいとか、
自分に被害がないようにしようとか、
他人をないがしろにしないで。

人は、誰かを救いたいとか、
助けてほしいって思う生き物。

無数の人達が、そう強く願うことで、
文明は進化・成長を遂げてきた。

人は人なしでは生きてはいけない。

 

青春したいけどできてない人達に、
青春してもらう為には、
何ができるだろう。
何をするべきだろう。

前向きな考えを発したり、
青春してることを伝えたり、
正解・正論を説いたところで、
人はそう簡単に変われない。

変わる為の方法を知ったところで、
行動できない人が多すぎる。

青春する為の環境や機会を提供しても、
一歩踏み出せる人ばかりじゃない。

絶望の中にいる人や、
病んでる人に青春してもらうには、
立ち上がってもらうには、
どうしたらいいんだろう。

「青春してみよっかな。」って、
思ってもらう為にできることは?

考えても考えても、答えが出ない。

だから誰も救えない。

でも嘆く声なき声は、世界に溢れてる。

聞こえなくても、見えなくても、
そこら中で残響してる。

友達や恋人みたいに、
関わりのある人を救う事はできる。

話を聞いてあげられるし、
問題解決の協力もしてあげられる。

でも救う対象が他人の場合は?

他人を救う為の解が、導き出せない。