青春同好会を設立して、
約1ヶ月が経ち、4回集合した。

現在、所属メンバーは10人。
ゲスト参加する人を含めれば、13人以上。
毎週金曜日に活動してる。

今はフットサルチームだけど、
人数がもっと増えれば、
違う曜日に開催したり、
他にも色んなことができるようになる。

 

そして今悩んでいるのが、
青春同好会の未来を、
どういう風に作り上げるか。

最初は単純に、人数を増やす為とか、
チームを盛り上げたり、
今後の活動拡大に向けて、
色々と頑張っていこうと思ってたけど。

今見えてる問題が4つある。

 

1.コート

現状のフットサルチームとしては、
嬉しくてありがたいことに、
メンバーの参加率が高い。

昨日も、9人が参加してくれた。

経験者は、俺を含めて3人だけど、
未経験者に合わせたりして、
全員が楽しめるように、
プレーしてくれてる。

フットサルは、5人対5人だから、
ほぼ正式な人数でプレーできてる。

更にこれ以上参加人数が増えれば、
別のコートを借りることになる。

でもコートは、予約されてることが多い。

参加者は足りているのに、
フットサルができない場合もある。

これは意外と難題で、致命傷だ。

30人集めたら、3コートは欲しい。

1つのフットサル場で、
3コートを独占するのは難しい。
しかも、それぞれバラバラになる。

まぁ、30人集まるとなると、
総メンバー数は40人以上だろうから、
まだまだ先の話だけど。

 

2.費用

コートを借りるには、料金がかかる。

コートの大きさにもよるけど、
10人で1時間半プレーすると、
1人あたり約1000円の負担。

これを週一で続けた場合、
月に4000円かかる。

週二で続けた場合、月に8000円かかる。

このような費用負担も、活動の障害。

おこづかい制のパパには、特にね。

ただ、こればかりはしょうがないかな。

定期的に借りることを条件に、
割安にしてもらう交渉の余地はあるかも。

 

3.ケガ

あと、参加者がほぼ30代の為、
ちょっとしたケガをする人がいる。

まぁ、こればっかりはしょうがないけど。
運動不足な大人が多いからね。

そんな俺も、初日からケガをした(笑)。
前モモの筋が痛い。
治ったかと思ってプレーすると、
実は治ってなくて再発する罠(笑)。

ケガしちゃうと、特に肉体労働の人は、
仕事に悪影響が出やすい。

継続的に楽しくプレーする為にも、
ケガをしないことは大切なこと。

初参加者が多い時には、
参加人数を多めにして、
1人1人の動きを小さくすると良いかも。

 

4.他の活動への参加率

そして最終目標である、シンクロ公演に、
何人のメンバーが参加してくれるか。

元々はフットサルをする為に
集まったメンバーだから、
シンクロを含めた他の活動には、
参加してくれない可能性が高い。

貴重なプライベートの時間を、
フットサル以外に割いてくれるかな。

勿論、全員じゃなくてもいい。
シンクロなら、12人いればいい。

青春同好会の活動を、
フットサルだけにしたくないんだよね。

何か楽しそうな活動を考えなきゃ。

メンバーが思わず参加したくなるような、
青春系の活動をね。

 

これら4つの問題を考慮した、
青春同好会のウェブメディアを作り上げる。

青春Worldsとしての活動に、
繋がる部分も出てくると思う。

夢の実現の為に、頑張ろう。

1人でも多くの人が、1秒でも長い時間、
青春できるようになる為に。