キングコングの西野さんの著書
革命のファンファーレを読んで、
気持ちが高ぶる毎日を過ごしている。

まだそんなに読んでないけど、
自分の考えが間違ってなくて、
これからの未来の生き方は、
青春することが大切。

そんなことを教えてもらえる。

 

そして高ぶった情熱そのままに、
とうとう初となる企画を
立ち上げることになった!

ほとんど賛同者もいないし、
アクセス数だって低いだろうし、
ロクな記事を書けてないし、
企画をするのなんて、
まだまだ早いって思ってたけど。

とりあえず、やってみようと思った。

やってみることが一番大事。

やると言っても、すぐできるわけじゃなく、
まずは計画や構想からだけどね。

 

でも、企画を実現する気になったのは、
読書して情熱が高ぶったのもあるけど、
事の発端は、俺が企画をしたいと言ったら、
「一緒にやりたい」って
言ってくれる人がいたから。

仲間って、こんなに簡単に見つかるもの?
てか、こんなに近くにいるもの?(笑)

近くだからこそ、
仲間が見つかるものなのかも。

まだ増えるかな?どうなんだろ。

でもとりあえずワクワクする!

このトキメキを、
しばらく味わっていたい(笑)。

逆に進めたくなくなる!

でも進めなきゃ!

何このジレンマ!

 

企画をする上で大切にしたいことは、
山ほど沢山あると思うけど。

青春Worldsとしての企画は、
以下の3点を大切にしていく。

1.他ではやってない斬新な内容
2.少人数開催(5~20人程度)
3.安い料金で参加できる

 

他ではやってない斬新な内容は、
それだけで価値がある。

ここでしかできないことだから。

競争相手がいないことは、
強みであり有利になる。

何より、参加者も開催側も、
皆が凄く楽しいじゃん!

 

最初は必然的に少人数だし、
少人数だからこそ、
1人1人を大切にできて、
深く関わり合うことができる。

浅く広い人間関係なら、
ネットでもどこでも築ける。

深く狭い人間関係は、
現代では築きにくくなっている。

だからこそ、少人数開催。

 

安い料金で参加できると、
参加のハードルを下げられる。

内容にも満足してもらいやすい。

値段は、言うまでもなく重要。

値段に見合ってるか、見合ってないか、
現代の人達は、かなり敏感。

値段以上の価値を感じてもらえれば、
宣伝効果もリピーター化も期待できる。

どう?なかなか良い戦略でしょ!

 

続く。