大人になっても青春したい人は、
挑戦なしでは生きられない人かも。

皆、青春したがってるけど、
「この歳で青春なんかできない」って、
決めつけて諦めてるだけだと思ってた。

でも実際は、少し違うことに気づいた。

 

青春するのを諦めてるってよりは、
青春するより大事なものを、
守ったり、求めているんだと思う。

青春したいと思っていても、
その気持ちが1番とは限らないもんね。

家族の為に尽くしたい人もいるし、
1人で自由に過ごしたい人もいる。

ごく普通に生きたい人もいるし、
遊びほうけたい人もいる。

それぞれの価値観で、
それぞれの理想の未来がある。

決めるのは自分自身で、自由なんだ。

 

希望

でも自分は、挑戦なくしては
生きがいを感じることができない人種。

人と一緒は嫌だし、
一般人の中に埋もれてしまうのも嫌。

十代の頃は、自分をひたすら貫いて、
周りに何を言われようが、
自分勝手に好きに生きていた。

多分、その頃が一番自分らしかった。

でも大人になってから、急に丸くなって、
安心しつつも息苦しさを感じていた。

社会の厳しさを知ったというより、
自分の小ささや無力さを思い知った。

 

「世界中の皆が青春するべき」だなんて、
今更思わない。

「好きなことをして生きろ」とも言わない。

そもそも他人を変えようだなんて、
思ってないし、望んでもいない。

1人1人が、何もかも違う人間で、
自由に生きていければいいと思う。

そして、自分と同じように、
夢を追ったり、青春したがったり、
挑戦しなきゃ生きられないような人は、
仲間になって、一緒に青春したい。

そんな人達を集められるような、
青春の待ち合わせ場所になりたい。

 

青春する為のキッカケや環境作り。

それが青春Wordsの使命。

間もなく始まるよ。

熱い今を駆け抜ける!