マネタイズとは、
収益を生み出すシステムのこと。

青春屋「青春Worlds」を設立する為に、
マネタイズをどうするか考え続け、
やっと答えを導き出せた。

鍵は2つあって、その内の1つは、
今までも構想として書いてきた、
地域特化型ウェブメディア。

もう1つの鍵は、イベント企画。

地域特化型ウェブメディアと、
イベント企画の連携が、
かつてない青春の輪を創り出す!

今回の記事では、
地域特化型ウェブメディアの
構想について書いていくね。

 

ネットでも雑誌でも、
地元の情報を記載した物は数多くある。

色んなお店や、場所の紹介。
交通アクセスや歴史のついて等、
色んな情報が、スマホで簡単に検索できる。

それは確かにとても便利だけど、
調べるだけで終わってしまう。

「浜松 イベント」や、
「浜松 情報」で検索しても、
出てくるのはしょうもないサイトばかり。

まるで浜松には、
楽しいことが何もないみたいに。

 

「最近つまんない」
「何か楽しいことないかな」
って思ってる人が求めてるものは、
一体何だろう。

youtubeとか、テレビ番組みたいに、
楽しくて笑えるものはあるけど。

それらは、ただ見ているだけで、
自分自身が何かをするわけじゃない。

 

そこで、青春Worldsが作るのは、
地元浜松の楽しいイベントに特化した、
プラットフォーム型のウェブメディア。

青春する機会と環境を提供する。

その中でメインとなるのは、
浜松のイベント情報や、
青春してる人の記事。

イベントの準備の様子や、
イベント開催の様子も公開して、
見るだけでも楽しんでもらえる。

皆が楽しんで笑い合って、
色んな人達と繋がることは、
青春の輪を拡げることになる。

社会貢献的視点で見た場合でも、
楽しい街になれば、
人が沢山住んでくれるようになる。

人が沢山いて、活気がある街は、
経済効果も大きくなり、
自然と繁栄するはず。

市と協力して何かをすることになるかも。

そのように、ウェブメディアの運営は、
無限大の可能性を秘めている。

地域に深く密着することで、
身近な存在にもなり得る。

そんな地域特化型ウェブメディアが、
マネタイズの鍵となる。

 

次回は、イベント企画について。

続く。