ずっとずっと悩んできた。

起業する為に絶対必要な、
収益を生むシステム作り、マネタイズ。

考えても考えても、良い案が浮かばなくて、
起業じゃなくて趣味でもいいかなとか、
半ば諦めかけた時もあった。

青春したいけど、できてない人達。
何かしたいけど、何も見つからない人達。
自分の本当の気持ちを見失った人達。

そんな人達に青春してもらう為に、
青春屋として起業することを決意した。

 

でも企業として経営していく為には、
利益を生むことが絶対条件。

お金儲けと言うと印象は悪いけど、
利益がなければ、経営は継続できない。

 

世の中には、
既に確立されている商売がある。

コンビニ、飲食店、建築業など、
例を挙げたらきりがない程、
様々な種類の商売がある。

それらの商売をするなら、
同じような経営を真似すればいいから、
マネタイズなんて考えるまでもない。

でも、今の世の中にはない青春屋は、
どうやって収益を得るのか、
探しても答えはどこにもないから、
自分で考えるしかなかった。

 

色々な勉強をして、情報を集めて、
少しずつ構想を固めていった。

それは進んでるかどうか分からない程、
とてもゆっくりなスピードだった。

青春したいって思ってる人は沢山いても、
それを公言したり、
実際にできると思ってる大人は少ない。

それはネットでの検索量を見れば分かる。

だから、青春を前面に出しても、
誰の目にも留まらない。

資金も少ないから、
お金もあまりかけられない。

昼間は社員として働いているから、
時間的な制約もある。

物を売るスキルは、完全に素人。

個人起業だから、ノウハウもなければ、
実績も信頼も知名度も、全くない。

これらの絶望的な現状なだけに、
普通の人ならとっくに、
起業を諦めていたかもしれない。

 

でも、間に合った。

数えきれない程の試行錯誤を繰り返した。

気づいた時には、起業を志してから、
2年以上も経ってしまっていた。

年齢も、31歳から33歳になって、
もう今更遅いって、後悔した時もあった。

でも、完成した。

俺が、ずっとずっと言いたかった言葉を、
今言うよ。

 

青春Worlds、

君を、

立ち上げに来た!!

 

続く。