起業する為に必要なものは、
現実的にはそんなにない。

資本金だって1円あればいいし、
従業員数も自分1人いればいい。

提出する各種届けだって、
そんなに難しくはない。

始めは株式会社じゃなくて、
個人事業主として起業すればいいし。

起業する為に必要なものは、
しいて言うなら情熱とか?
戦略とか計画?勇気とかね。

気持ちさえあれば、誰でも起業できる。

 

ただし、ビジネスとして成功させる為には、
凄く厳しい現実が待ち受けている。

IT企業は9割が長続きしないし、
起業して10年以上持つ会社は10%以下。

現存している会社も、赤字続きだったり、
ブラック雇用を続けるおかげで、
何とか経営し続けられていたりする。

起業してお金を稼ぐことは難しい。

稼ぎ続けることは、もっと難しい。

だからほとんどの人達は、
雇われて働く選択肢を選ぶ。

会社から頼まれた仕事をして、
毎月安定した収入を得ることは、
起業に比べたら遥かに楽で簡単だから。

 

なぜ、起業してお金を稼ぐことが、
こんなにも難しいのか。

それは、ビジネス成功の秘訣は、
売り上げと集客力を高めることだから。

これが難しくてできないから、
起業や経営は難しい。

何かを買ってもらったり、
来てもらったりすることを、
続けてもらったり、広げるのは、
考えただけで難しい。

良い物なら売れるわけじゃないし、
行きたくても来てもらえるとは限らない。

商売を営んでいく上で、
これさえやっていればいいなんてことは、
どこにも存在しない。

そんなものがあれば、皆起業するし、
皆がお金持ちになれる。

じゃあどうするべきか。

答えは、人を喜ばせたり、
問題を解決してあげること。

 

続く。